1. ホーム
  2. オンライン決済をご検討の方へ
  3. クレジットカード決済代行
  4. 不正検知サービスTranfis(トランフィス)

不正検知サービスTranfis(トランフィス)

不正検知サービスTranfis(トランフィス)とは

エンドユーザーのユーザー情報(端末・アクセス元情報など含む)、注文内容、配送先情報など様々な情報から、不正リスクを判定する仕組みです。弊社が契約するサイバーソース社が提供する不正決済検知ソリューションDecision Managerを用いて、事業者側で商品・サービスの提供前に不正利用かどうか確認することが可能です。

「Tranfis」は、日商エレクトロニクス株式会社がECサイト事業者向けに提供するクレジットカード不正被害防止のサービスブランドです。

「Decision Manager」は、サイバーソース株式会社が全世界で年間680億件を超えるVisaトランザクションとサイバーソース利用加盟店トランザクションを参照して提供する、不正決済検知ソリューションです。

不正検知モデルの作成図

不正検知サービス「Tranfis」の特長

オンラインで不正検知を行い、結果に応じて追加認証を提供します

  • 既存の決済電文に購買情報など不正検知に必要な情報を加えて頂くため、不正検知と決済を同時に行えます。
  • 不正検知にて疑わしい取引と判定された取引に限って、追加認証(認証アシスト、3Dセキュアなど)を行うことにより、かご落ちリスクを最小限にできます。

不正対策コストの削減と高品質な運用を両立させます

  • 個々の加盟店に合わせて最適な不正検知ルールを作成するため、不正被害を防止しながら、厳格にルール設定した場合に比べて売上損失を低減させます。
  • 導入後もコンサルティングを継続し、経過に合わせてルールチューニングを行います。

不正検知サービス「Tranfis」の運用フロー

不正検知サービス「Tranfis」の運用フロー図①注文②注文情報③不正検知結果(OK/Review/NG)④追加認証⑤発送/注文取消(※③・④の結果による)

不正検知サービス「Tranfis」のご利用イメージ

不正検知サービス「Tranfis」のご利用イメージ

導入までの流れ

不正検知サービス「Tranfis」の導入までの流れです。
※決済サービスのお申し込みは別途必要となります。

①事前コンサルティング②机上検証(オプション)③お申込み④実装・ルール作成⑤オンライン検証⑥本番稼働

不正検知サービス「Tranfis」の料金

不正検知サービス「Tranfis」導入にかかる費用

  • 初期費用
    :サービス導入するための費用
  • 月額固定費用
    :システムを利用するための費用
  • 手数料
    :不正検知1件毎に発生する手数料

不正検知サービス「Tranfis」の導入費や月額費につきましては、事業者様のご状況を伺った上で個別にお見積りいたします。