1. ホーム
  2. オンライン決済をご検討の方へ
  3. コンビニ決済代行

コンビニ決済代行

コンビニ決済とは

  • コンビニ決済なら24時間365日好きな時間に気軽にお支払可能
  • コンビニ決済は全国のコンビニで24時間365日気軽に店頭でお支払い可能な決済手段です。支払い環境が整っている利便性の高さから、たくさんの購入者に支持されています。クレジットカードを使い慣れていない購入者やクレジットカードを持っていない未成年層にも幅広い決済手段をご提供できます。

このようなサイトにおすすめ

  • クレジットカードを使い慣れていない購入者、クレジットカード使用を好まない購入者が多いサイト
  • クレジットカードを持っていない未成年層の購入者が多いサイト
  • その他、クレジットカード決済保有者以外のお客様の取りこぼしを防ぎたい場合など
全国の主要コンビニ(セブン-イレブン・デイリーヤマザキ・ローソン・ミニストップ・ファミリーマート・セイコーマート・サークルKサンクス)で支払い可能

コンビニ決済の5つの特長

特長:1 売上の向上

コンビニで手軽に代金を支払えることが、購入者の購入促進・売上の向上につながります。

特長:2 回収率の向上と早期化

お近くのコンビニで24時間気軽にお支払いできる環境が整っているため、回収率の向上と早期化に効果を発揮します。

特長:3 購入者層の拡大

コンビニ決済は4割近くの購入者に支持されている人気の決済方法です。
クレジットカードを使い慣れていない購入者やカードを持っていない未成年層にも幅広いお支払い手段をご提供することができ、購入者層の拡大に効果を発揮します。

インターネットで購入する際の決済方法、1位カード決済63.7%、2位代金引換43.8%、3位コンビニ決済38.9%

出典:総務省ホームページ
「インターネットの利用動向調査」(総務省)
(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc253140.html)を加工して作成

特長:4 顧客満足度の向上

「いつでも、どこでも、かんたんに支払える」ことから購入者の満足度向上につながります。

特長:5 回収コストの軽減

1件当たりの収納手数料が代引き手数料に比べ安価であり、回収コストの軽減を見込むことができます。

コンビニ決済2つのお支払方法

ソニーペイメントサービスでは事業者様のサービスに合わせて、ペーパーレスでオンラインで支払いに必要な番号を表示するタイプ①オンライン発番タイプ)と郵送で払込票を送付するタイプ②払込票タイプ)をご用意し、前払い/後払いのどちらの場合もご利用いただけます。
Eコマースや通信販売、オンラインゲーム、コンテンツサービス、各種会費など多様なサービス、業種・業態でご利用いただいております。

①オンライン発番タイプ

コンビニ決済(オンライン発番タイプ)は、リアルタイムにお支払い(決済)番号を発番・表示します。購入者はコンビニの店頭やATMでお支払い番号を入力するだけでOK。簡単・スピーディーな支払いを実現する決済サービスです。
ペーパーレスのため払込票の作成・印刷・発送のコストが不要。
事業者様に嬉しい決済手段です。リアルタイムで入金確認ができます。

オンライン発番タイプサービスフロー

オンライン発番タイプサービスフロー図、購入時にお支払い番号が購入者へ採番・表示されます。その番号を持って各コンビニのレジや発券機にてお支払い。

入金状況をリアルタイムで確認

購入者のお支払い状況をリアルタイムで事業者様に通知します。また、管理画面も用意し、入金状況の確認のほか、決済データの照会、変更、削除などが可能です。

リアルタイム通知サービスフロー図、商品購入時に購入者へリアルタイムに発番を行い、お支払完了時にはリアルタイムに事業者様へ通知

パソコン・モバイルに両方対応

パソコンとモバイルに対応した決済画面をソニーペイメントサービスが提供しております。

②払込票タイプ

コンビニ決済(払込票タイプ)は、事業者様にて全国55,500店舗以上のコンビニの店頭や約25,000局の郵便局・ゆうちょ銀行でお支払いただける払込票を送付し、エリアに依存しない代金支払い窓口が実現できます。
「商品同梱」や「店頭で手渡しする」場合なども便利です。
払込票の作成・発送方法については

  • ・事業者様にてご対応いただく方法(払込票自社作成)
  • ・弊社にて代行させていただく方法(払込票作成代行サービス)

からお選びいただけます。

【払込票自社作成サービスフロー】

事業者様にて払込票を作成し購入者にお送りいただきます。

払込票自社作成サービスフロー図、購入者へ払込票は事業者様から送付し、購入者が代金をお支払い後は収納代金をソニーペイメントサービスから事業者様へ振込を行います

【払込票作成代行サービスフロー(オプション)】

払込票の作成・発送をソニーペイメントサービスが代行するオプションサービスもをご提供しております。

払込票作成代行サービスフロー図、購入者へソニーペイメントサービスから払込票を送付し、購入者が代金をお支払い後に収納代金をソニーペイメントサービスから事業者様へ振込を行います

入金状況をリアルタイムで確認(オプションサービス)

購入者のお支払い後、10分以内に事業者様に入金通知を行うオプションサービスです。

入金状況をリアルタイムで通知フロー図、購入者からの払込票での入金をリアルタイムでソニーペイメントサービスから事業者様へ通知します

コンビニ決済導入までの流れ

コンビニ決済導入までの流れです。
※各コンビニ会社ごとに審査がございます。

コンビニ決済導入までの流れは①事業者様からソニーペイメントサービスへお問い合わせ②ソニーペイメントサービスからお見積り③事業者様がお申し込み④審査⑤ソニーペイメントサービスがシステム登録⑥事業者様が開通テスト⑦サービス利用開始

コンビニ決済の手数料や導入費用

コンビニ決済導入にかかる費用

  • 初期費用
    :導入する為の費用
  • 月額固定費
    :システムを利用するための費用
  • 手数料
    :処理1件毎に発生する手数料

コンビニ決済のご利用手数料や導入費用につきましては、事業者様のご状況を伺った上で個別にお見積りいたします。

コンビニ決済に関する、よくあるご質問

  • 【コンビニ決済】利用可能なコンビニブランドはどこですか?
  • 主要大手各社のご利用が可能です(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザキなど)。
  • 【コンビニ決済】支払期限の設定は可能ですか?
  • オンライン収納代行サービスの場合、当日を含む任意の期間(セブン-イレブンのみ当日~60日後まで)に設定が可能です。 払込票コンビニ収納代行サービスの場合、全てのコンビニで当日を含む任意の期間に設定が可能です。
  • 【コンビニ決済】入金通知はどのような形でくるのでしょうか?
  • オンライン収納代行サービスの場合、購入者が入金した情報は原則数秒程度でPOST、もしくはメールにて事業者様に通知を行い、払込票コンビニ収納代行サービスの場合、1日1回通知をさせていただいております。
    ソニーペイメントサービスがご提供する管理画面より入金情報を確認することも可能です。
  • 【コンビニ決済】払い込みの上限金額はありますか?
  • 上限金額は30万円となります。
  • 【コンビニ決済】返金処理はできますか?
  • コンビニ窓口での返金処理はできません。
  • 資金決済のタイミングはいつになりますか。
  • 基本的には月1回お支払い(末日締め⇒20日後ご入金)ですが、月2回以上もご要望に応じて調整をさせていただきますので、詳しくはお問い合わせください。

確かな信頼性

ソニーペイメントサービスは、決済代行サービスに20年の歴史と数多くのサービス提供実績をもつパイオニア的存在です。銀行や大手カード会社による出資という安定した経営基盤と信頼を背景に、事業者様に「安全・安心」な決済サービスを提供します。コンビニ決済を選ぶなら、ソニーペイメントサービス。

ソニー銀行、JCB、CARDNET、三井住友カード、イオンフィナンシャルサービスのロゴ

コンビニ決済のサービスを導入するなら、安心のソニーペイメントサービスにお任せください。ソニーペイメントサービスでは、オンラインで支払いに必要な番号を表示する(オンライン発番タイプ)と郵送で払込票を送付する(払込票タイプ)をご用意し前払い・後払いのどちらの場合もご利用いただけます。

店舗でのお支払い方法(コンビニ決済)はこちら