コンビニ決済を導入する際の決済代行会社の選び方

コンビニ決済を導入する際の決済代行会社の選び方

コンビニ決済を導入するには決済代行会社を利用するのが迅速かつ確実です。

では、その決済代行会社はどうやって選べば良いのでしょう。

コンビニ決済導入に際しての決済代行会社の選び方をご紹介します。

コンビニ決済の導入方法

ネットショップ運営時の決済方法手段として、にコンビニ決済を導入する際は個別に接続する方法と決済代行会社を使う方法の2種類があります。

コンビニ各社と個別に接続を行う方法

コンビニ各社と個別に契約し、コンビニ各社とそれぞれシステムを接続する方法です。各社毎のやり取りが発生するため、導入の手間とコストがかかり、現実的ではありません。

決済代行会社を使う方法

決済代行会社を通じてコンビニ各社と契約する方法です。審査のための手続きは決済代行会社がコンビニ各社に対して行います。また、決済代行会社が提供する決済システムと接続するだけでコンビニ決済を利用することができ、個別で契約するよりも手間やコストがかからないというメリットがあります。

コンビニ決済代行会社の選定基準

では、コンビニ決済の導入を決済代行会社に依頼する際、どのような基準で決済代行会社を選べば良いのでしょうか。注意したいポイントを挙げてみましょう。

提携しているコンビニ数

決済代行会社によって提携しているコンビニの種類が異なります。利用者にとって利便性のある主要なコンビニが入っているか、またコンビニの種類が十分であるかを確認しましょう。

システムの使いやすさ

決済代行会社を利用すれば、ネットショップ運営者として扱う管理画面は1つですみます。それだけに管理画面が使いやすいかどうかは事前にチェックしたいところです。前払い後払い、または払込票の発行か番号通知なのかなど支払い方法を的確に設定できるか、自社の販売システムとうまく連携できるかを慎重に確かめる必要があります。また、運営時におけるサポート体制が十分であることも選定のポイントに挙げられます。

セキュリティの高さ

決済代行会社の選定基準として、セキュリティ環境における信頼度も非常に重要です。利用者の個人情報を扱うので、安心・安全なシステムか、信頼できる決済代行会社かどうかをよく見極めましょう。

入金サイクルが適正か

いつ締めでいつ払いか、ネットショップ運営側への入金サイクルがどうなっているのかも確認が必要です。通常は月1回の入金(決済代行会社からの支払い)ですが、それ以上の入金頻度の要望を受け付けている決済代行会社もあります。

ほかの決済方法も利用できるか

クレジットカード決済や後払い決済など、コンビニ決済以外の決済方法も併用できる決済代行会社であれば、ネットショップ運営者側としては使い勝手はシンプルなまま、利用範囲の多彩なシステムが構築できます。決済代行会社がどのような決済方法をカバーしているかも調べてみてください。

導入実績

どのような企業が導入しているのか、導入実績を確かめてみましょう。大手企業や同業種における実績があれば参考になるはずです。

まとめ

決済代行会社を利用すればコンビニ決済をスムーズに導入でき、煩雑な事務工数などを省いた運用が可能になります。また、随時サポートが受けられるといった安心感も得ることが出来ます。ソニーペイメントサービスではコンビニ決済、クレジットカード決済など多彩な決済方法をご用意しております。