1. ホーム
  2. ネットショップや決済に関する用語集
  3. 3Dセキュア

3Dセキュア

3Dセキュアとは

3Dセキュアとは、クレジットカードの国際ブランドが推奨する、本人認証サービスのことです。
あらかじめクレジットカード会社に登録したIDとパスワードで認証することで、クレジットカードの不正使用(不正利用)を抑止し、安全に決済を行うことができます。

「JCB」「VISA」「Mastercard」の3ブランドが対応しており、それぞれサービス名称が異なります。
JCBは「J/Secure」、Mastercardは「SecureCode」、VISAは「VISA認証サービス」と言い、これらを総称して3Dセキュアと言います。
各ブランドのカードを発行しているカード会社が全て3Dセキュアに対応しているとは限りません。

ネットショップにおけるクレジットカードの不正使用が増え続ける近年、普及が進んでいるサービスです。

3Dセキュア2.0への移行によりセキュリティ対策の切り札になるとも言われており、注目を集めています。

3Dセキュアのメリット

3Dセキュアを導入することで、悪意ある第3者による不正使用のリスクを軽減することができます。
また3Dセキュアを導入している事業者は、カード会社からチャージバック(クレジットカード不正使用時に、カード会社に料金を返還する制度)が保障されるため、チャージバックによる被害を軽減することができます。
※カード会社により保障内容が異なります。

3Dセキュアのデメリットと代替策

「なりすまし」対策には非常に有効なサービスですが、認証パスワードの失念や入力する手間等によりカゴ落ちリスクが上昇します。

セキュリティと売上げの向上どちらも注力する事業者向けに、忘れやすいパスワードではなく、カード会社に登録のある生月日等の本人の属性情報で照合を行うソニーペイメントサービス独自の認証アシストサービスをおすすめします。