顧客に喜ばれるためのネットショップにおける梱包の工夫

顧客に喜ばれるためのネットショップにおける梱包の工夫

商品の梱包を顧客のリピート化促進に役立たせることはできないのだろうか…と考えたことはないでしょうか。梱包はどのようなことに気をつけ、どんな工夫をするべきなのか、ネットショップにおける梱包の役割と考え方についてまとめます。

ネットショップ運営で梱包にこだわる必要性

商品を購入した人がネットショップの梱包に求めるのはどんなことでしょうか。購入者がまず気になるのは、大切な商品が破損しないように保護されているかどうかでしょう。また、たとえ商品が無事でも、簡易梱包すぎたり、梱包の仕方が雑だったり見た目に美しくなかったりすれば、良い気持ちにはならないはずです。逆に梱包にちょっとした心遣いなどが感じられれば、購入者からの好感度はアップするかもしれません。

実店舗の場合にはレジで袋などに商品を入れ、購入者に手渡しします。その際は、店員がどんな態度で接するかによって好感度が左右されます。ネットショップでは直接、顧客と接することがないため、梱包がいわばレジでの接客応対の代わりのようなものなのです。

ただし、梱包にこだわりすぎるのも考えものです。箱そのものが開けづらかったり、箱を開けて購入した商品を取り出すだけで大量のごみが発生するような過剰包装もまた、購入者に嫌われます。梱包の状態によって顧客満足度を下げてしまうという事は避けなければなりません。顧客満足度が左右されないよう、ちょうどいい梱包をするバランス感覚が必要です。

押さえておくべき梱包の基本

具体的にどんな梱包が理想なのでしょうか。

まず、最低限守るべき基本事項である次の2点を満たしていなければいけません。

安全性の確保

安全性の確保とは、梱包資材や緩衝材を正しく使って、商品に破損が生じないようにすることです。精密機器やワレモノはとくに注意が必要です。お酒、カレンダーやポスター、絵画などは専用の包装資材も販売されています。万が一、破損した時に水分や臭いが出るような商品、メール便のような郵便受けに入れるため雨に濡れる可能性があるような荷物はその対策も行います。

安心感の確保

梱包時に納品書、検品したチェック確認サインなどを添えて送ることで購入者の安心感や信頼感が確保できます。当然ながら、商品の種類と数量、不良品や付属品の欠損などの確認は確実に行いましょう。

差別化のための梱包の工夫

ネットショップ運営の際、梱包で差別化を図るアイデアにはどのようなものがあるのでしょう。3種類の工夫をご紹介します。

業務効率化の工夫

梱包の業務効率化とは、注文を受けてから梱包して発送するまでの作業をスムーズかつスピーディーに行うことを指します。梱包までのスピードや正確さを目指した業務効率化は購入者に対する重要なサービスです。在庫管理や物流業務のシステム化を図るなどして、効率的に梱包作業が行える環境を整えましょう。

好感度を上げる工夫

好感度を上げるには、安心・安全に加え、丁寧かつきれいに梱包するという基本を守ることが重要です。ほかにはプレゼント用にラッピング資材を同梱する、ノベルティや試供品をおまけとして入れておくなどのアイデアもあります。

購入者に対して、感謝の気持ちを表現するお礼状を添えるのもシンプルですが効果的で、名前部分を手書きにしているショップもあります。箱自体を開けやすく、畳んで捨てやすい機能的なものにする、あるいは箱の外装などつい再利用して使いたくなるようなこだわりのあるデザインにするのも良いアイデアです。

販促の工夫

次回の購入につなげるための工夫も考えられます。購入商品に応じて、購入者が次に興味を示す傾向が高い商品のチラシを同梱すれば、チラシを読んでもらえる確率は格段に高くなります。セール情報のチラシ、次回購入時に使用できる期間限定の割引クーポンなども効果があるでしょう。

同梱チラシを活用した販売促進についてはこちら

まとめ

梱包はまず第一に顧客の目線に立って考えることが何より大切です。ネットショップとしての個性もアピールしつつ、購入者に不快感を与えずに喜んでもらえるような梱包を心がけましょう。