ミスなく銀行振込をしてもらうための必要情報と連絡方法とは

ミスなく銀行振込をしてもらうための必要情報と連絡方法とは

ネットショップで商品を購入した購入者が銀行振込を選択した場合、ネットショップは購入者に銀行振込に必要な情報を伝えなくてはなりません。

銀行振込にはどのような情報を伝えれば良いのでしょうか。また、振込情報はいつ、どのような方法で購入者に伝えるべきなのでしょう。

ネットショップ運営者が知っておくべき、購入者へミスなく銀行振込をしてもらうための必要情報と連絡方法についてご紹介します。

振込を受けるための必要情報

ネットショップで購入者から銀行振込(送金)をしてもらうには、自社で利用している銀行などの金融機関に関する以下の項目についての情報が必要です。

金融機関名

「○○銀行」「○○信用金庫」などの金融機関名です。統廃合により金融機関の名称が変わることがあるので注意しましょう。現在の正式名称を正しく掲載します。

支店名

「××支店」という支店名です。通帳などを見て確認してください。支店番号はとくに必要ありません。

預金種別

普通預金、当座預金などの預金の種別です。これも通帳などに記載されています。

口座番号

正しい口座番号を記しましょう。口座番号は通常7桁です。古い通帳やキャッシュカードでは口座番号が4桁など少ない桁数で表記されていることもありますが、その場合は口座番号の前に「000」など7桁に足りない桁数分の0をつけて掲載しておくと購入者が混乱しなくてすみます。振込も問題なく行うことができます。

口座名義

金融機関に登録した口座名義となります。法人は法人名義で登録されますが、個人事業主の場合は「屋号+個人名」となっていることが多いと思われます。正式名称と、振込の際に表示されることになるカタカナの2つの表記を掲載しておきましょう。「株式会社日本インターネット商店」「カ)ニホンインターネットショウテン」など。

振込依頼人情報

ネットショップが入金確認をする際に、どの購入者からの入金なのかが分かるように、購入者名(フルネーム)や注文番号などを銀行振込の手続きをする際に登録してもらうよう購入者に依頼します。

振込に必要な情報はどのタイミングで通知する?

銀行振込に必要な振込先情報はどのタイミングで購入者に通知すれば良いのでしょうか。

ネットショップ側としては通常、商品の注文があったらまず購入者にサンキューメールを送ります。これはショッピングカートなどをカスタマイズすることで、予め決定した内容のフォーマットに、購入者や購入内容が連動したメールの自動配信が可能となります。その後、注文内容を確認して「注文確認メール」を送付します。「銀行振込」を選択した購入者向けには通常、この注文確認メールに、商品の代金、消費税、送料と合計金額を記し、振込先情報、振込期限日を一緒に記載して送ります。これが振込情報を通知するタイミングです。

その際、「振込手数料はお客様負担となります。お振込みの際にお確かめ下さい。」などの一文も分かりやすい箇所に加えておきましょう。もしネットショップが振込手数料を負担する場合は、その旨を記載します。購入者の中には、振込手数料が購入者負担であっても請求金額から振込手数料を引いた金額を入金してしまう人もいます。こういった一文を加えることで、請求金額と実際の入金額が異なるといったミスを減らすことができるでしょう。

なお、購入者が後から振込先が分からなくなってしまったときにも確認できるよう、ネットショップのサイト上にも「お支払方法について」といったページを設け、振込先情報をあらかじめ記載しておくのも良いでしょう。

また、後払い決済の場合は、商品を送る際にも商品の代金や合計金額、振込先情報を記載した請求書を同封します。

まとめ

ネットショップ運営にあたり、商品の購入者に銀行振込をしてもらう際には上記を参考に、購入者に必要情報を通知してください。銀行振込に関するトラブルを防ぐために、間違いのない情報を的確なタイミングで伝えるよう注意しましょう。