1. ホーム
  2. ネットショップや決済に関する用語集
  3. 仮想口座

仮想口座

仮想口座(バーチャル口座)とは

仮想口座(バーチャル口座)とは、事業者の法人口座に紐付けて金融機関が割り当てる振込専用の口座(番号)のことです。
この仮想口座を利用することによって、事業者は顧客毎に口座番号を用意できるため、入金処理の照合を円滑に行うことができます。

仮想口座のメリット

仮想口座を利用せず、一つの口座で入金を管理する場合、入金明細と請求明細を1件ずつ確認していく必要があり、人為的なミスが発生する可能性が生まれます。また、入金照合に時間がかかり、商品の発送が遅くなることで、顧客からのクレームが発生するというリスクもあります。
そこで顧客毎に割り振った仮想口座を利用することで、入金照合や入金消込作業のミスを減らし、工数を削減することができます。さらに、顧客からの入金忘れや入金間違い等の連絡や発送にも迅速に対応することができるため、サービス向上につながります。

仮想口座の運用方法

事業者が仮想口座を利用する際、主に2種類の運用方法があります。
顧客の注文毎に口座番号を割り当てる方法と、顧客毎に口座番号を割り当てる方法です。いずれの場合も、顧客が指定の仮想口座に振り込むことによって、事業者側は顧客や取引を即座に特定することができます。
注文毎に口座番号を割り当てた場合は、同じ顧客からの注文であっても別の口座番号が割り当てられるため、BtoC向けのネットショップに適しているでしょう。
顧客毎に口座番号を割り当てた場合は、同じ顧客が何回注文しても口座番号は変わらないため、法人向けのサービスに適していると言えます。