1. ホーム
  2. ネットショップや決済に関する用語集
  3. 有効性チェック

有効性チェック

有効性チェックとは

有効性チェックとは、カード会社に「現時点でクレジットカードが使用可能かどうか」について、照会をかけて確認することです。通常クレジットカード決済を行う際に必ず行われる処理です。

有効性チェックの機能

基本パターン
クレジットカードを利用する場合、クレジットカードで決済を行う際やユーザーのカード情報を最新にしたい(洗い替え)ときに有効性チェックを行います。
クレジットカード決済を完了までには、いくつかの処理が行われます。有効性チェックの他、顧客の与信枠を確認するオーソリゼーション等を組み合わせて、クレジットカード決済を完了させています。これらの処理を行うことで、

不正使用)や限度額を超える利用を未然に防いでいるのです。

継続課金
また、クレジットカードで継続課金を利用している場合に、洗い替えと呼ばれる処理を実施することがあります。これは、顧客のクレジットカードの有効性チェックを定期的に行い、カード番号と有効期限を最新の状態に更新することで、常に利用可能な状態にしておく処理のことです。

クレジットカードには必ず有効期限があるため、スマートフォンや公共料金の支払でクレジットカードを選択していた場合、どこかのタイミングでカードの有効期限が切れます。ここで洗替処理を実施していた場合、有効期限切れによる決済エラー等を未然に防ぐことができるのです。