1. ホーム
  2. ネットショップや決済に関する用語集
  3. SSL

SSL

SSLとは

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で通信を行うときに、データの盗聴や改ざんを防ぐための暗号化技術のことです。TLS(Transport Layer Security)とあわせて、SSL/TLSと表記されることもありますが、どちらも同じ仕組みを使用して暗号化を実現しています。
SSL通信を行うWebサイトでは、Webサイトとユーザーしか知りえない鍵を使用して、データの暗号/復号に対応しています。

また、SSL通信を行うときは、サイト所有者の情報や通信に使用する鍵等の情報を含むSSLサーバー証明書を利用しています。SSLサーバー証明書は、信頼性のある第三者機関しか発行していないため、SSLに対応したウェブサイトの安全性を証明しています。

Webサイトに接続する際のアドレス冒頭に、「https」と表記されていれば、そのサイトはSSLに対応しています。

SSL対応のメリット

インターネットで多くの個人情報をやり取りする現在、悪意のある第三者によってデータの盗聴や改ざんが行われ、犯罪に利用されるケースが多発しています。

このような状況で、SSLに対応した信頼性のあるWebサイトであれば、データ通信の暗号化で、データの盗聴や改ざんを防ぐことによって、クレジットカード情報の流出や商品の発注内容の改ざんを防げるので、ユーザーは安心して個人情報を入力することができます。