1. ホーム
  2. ネットショップや決済に関する用語集
  3. プライバシーマーク

プライバシーマーク

プライバシーマークとは

プライバシーマーク(通称「Pマーク」)とは、個人情報を適切に取り扱う体制や運用状況を整えている企業を認定するマークのことです。一般財団法人日本情報経済社会推進協会が運営しています。

プライバシーマークの特徴

プライバシーマークは次のことを目的としています。
・消費者の目に見えるプライバシーマークで示すことによって、個人情報の保護に関する消費者の意識の向上を図ること

・適切な個人情報の取扱を推進することによって、消費者の個人情報の保護意識の高まりにこたえ、社会的な信用を得るためのインセンティブを事業者に与えること

安易に企業に個人情報を渡してしまうと、その後身に覚えのないダイレクトメールや勧誘の電話がかかってくることがあるため、信頼できる企業以外には個人情報を渡したくないと考えるのが消費者心理です。そこで、信頼できる企業を見極める指標として消費者の目に見える形でプライバシーマークを示すことで、取得している企業に対しての信頼を高めることができるのがプライバシーマーク制度です。

プライバシーマークを取得するためには、日本工業規格JIS Q 15001「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に準拠した個人情報保護体制を築いた後、各種書類や費用を一般財団法人日本情報経済社会推進協会、もしくは指定の審査機関に提出する必要があります。

また、プライバシーマークの有効期限は2年間であり、それ以上継続して利用するためには更新のための審査に通る必要があります。