1. ホーム
  2. ネットショップや決済に関する用語集
  3. 決済代行

決済代行

決済代行とは

決済代行とは、クレジットカード決済や電子マネー決済等多種多様な決済手段を一括して契約、決済管理システムを提供するサービスのことです。

ネットショップにおいては、利用者の利便性を図るうえで複数の決済手段の導入が必要となります。その際、決済代行会社を利用することで決済代行会社1社との契約で、複数の決済手段を導入することができます。

決済代行の主なメリット

決済導入時

  • クレジットカード会社、コンビニ等決済機関各社との契約手続を代行してくれる。
  • 決済代行会社のシステムと接続するだけで、複数の決済手段を一括導入できる。

決済導入後

  • 請求や入金を一本化し、経理処理の負担を減らすことができる。
  • セキュリティの高い決済システムを利用することができ、クレジットカード情報漏えいのリスク軽減ができる。


≪決済代行を利用しない場合≫

決済導入時

  • 決済機関各社と個別の契約を交わす必要があり、各社固有の審査がある。
  • 決済機関各社とそれぞれシステム接続をするため、多額の開発コストを必要とする。

決済導入後

  • 決済機関によって決済の締日や売上の入金日が異なるため、管理が煩雑である。
  • 決済機関ごとの決済システムにおいてアップデート作業が必要になる。