1. ホーム
  2. ネットショップや決済に関する用語集
  3. ネットバンキング

ネットバンキング

ネットバンキングとは

ネットバンキング(オンラインバンキング)とは、インターネットを介して銀行取引ができるサービスです。

インターネットの環境があれば、銀行に行かずに24時間パソコンやスマートフォン等で「入出金明細の表示」「残高照会」「振込」等の取引を行うことができます。

大手銀行や地方銀行、ネット専業銀行(ネットバンク)までさまざまな金融機関がサービスを提供しています。

ネットバンキングの特徴

金融機関によっては、「金融商品の売買」「ローンの申し込み」「住所変更等の諸手続」や「宝くじの購入」等、様々なサービスを展開しています。

また、銀行が店舗運営費・人件費を抑えられるため、銀行窓口やATM取引よりも手続に係る手数料が安いことや、最近では口座開設時に自動付帯されていることもあり、老若男女を問わず、広く利用されています。

ネットショップ利用者においても、クレジットカードを保有していない層・インターネット上にクレジットカード情報を入力するのに抵抗がある層等に、ネットバンキングでの決済が選ばれています。