1. ホーム
  2. ネットショップや決済に関する用語集
  3. 割賦販売法

割賦販売法

割賦販売法とは

割賦販売法とは、割賦販売において「悪質な業者から消費者側の利益を保護すること」「商品の流通を円滑にすること」「割賦販売に関しての取引が公正に行われること」を主な目的とした事業者側に課せられる法律のことです。

割賦販売とは

割賦販売とは、売買代金を分割して支払う販売方法です。
クレジットカード会社の分割払いや携帯電話事業者でもこの販売方法を導入している。

割賦販売法制定の経緯と改正

割賦販売法が制定された当初は、小売業者と事業者との取引を円滑にする目的がありました。しかし近年では、消費者の支払能力を超えるクレジットを提供する悪質業者の存在や、他社でのクレジット取引を隠して新たに無理な信用取引を行う消費者の存在等、法律が整備されていないことによる多くの問題が発生していました。そのため、現在の割賦販売法では、より消費者の利益を保護する目的を含めた法律に改正されています。

近年、クレジットカードの不正利用が後を絶たず、世界水準のセキュリティ環境を整備するため、2018年6月施行の改正割賦販売法において加盟店のセキュリティ対策が強化されました。クレジットカードを取り扱う加盟店においては、カード情報の適切な管理や不正利用等のセキュリティ対策が義務化されることとなりました。
この義務化の実務における指針となりうるものが「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」です。

「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」については、こちらのページをご参照ください。