1. ホーム
  2. ネットショップや決済に関する用語集
  3. 越境EC

越境EC

越境ECとは

越境EC(Electronic Commerce)とは、インターネットを介して国をまたぐ商取引を行うことです。
日本の人口減少による消費低下や訪日外国人の増加などにより、日本の良いモノを海外へ販売するという越境ECが近年注目を浴びています。

越境ECのメリット

主なメリットは次のようなものが挙げられます。

<事業者のメリット>
■桁違いな市場規模への参入
■海外に直接出展するより、コスト・手続等においてハードルが低い

<利用者のメリット>
■自国では手に入りにくい商品を購入することができる。
■信頼性のある国の会社から購入でき、偽装品を防ぐことができる。

越境ECのデメリット

商圏が絞られず多くの可能性を秘めている越境ECですが、メリットも多い分、デメリットもあります。

■国ごとに法令や規制等が異なるため正確な知識や対応が必要である
■言語、決済、物流等、販売先の国に合わせる必要がある
■配送コストが高く、紛失や破損のリスクがある
■為替変動リスクがある

経済産業省のレポートによると、2016年度では、中国が越境ECで日本から購入した商品の合計金額が1兆円を超えています。これはすでにインバウンド(訪日観光客)における中国人の消費額を上回る金額になります。
ハードルの高い越境ECですが、今後も市場拡大を続けると見られ、自社ECサイトだけではなく国外のプラットフォーム(ECモール)出店という手段も多くとられています。