1. ホーム
  2. ネットショップや決済に関する用語集
  3. チャージバック

チャージバック

チャージバックとは

チャージバックとは、クレジットカードの所有者が、ある決済に対して同意しないときに、クレジットカード会社が売上を取り消す処理のことです。

過去、クレジットカード情報が流出して不正使用されたケースが増えたことで、カード会員保護の観点からチャージバックという制度が設けられました。

チャージバックを防ぐには

チャージバックが確定した場合、店舗は商品が戻ってくるかこないかに関わらず、クレジットカード会社に料金を返還しなければいけません。始めからチャージバックが発生する可能性があることを念頭に置いて、店舗を運営する必要があります。

チャージバックが発生する原因として、第三者による不正使用があった場合、商品が実際に届いていない場合や商品に欠陥がある場合等があります。

商品の不具合については、運用方法の改善、見直しが必要ですが、不正使用については、クレジットカードに付与されたセキュリティコード3Dセキュアと呼ばれる本人認証サービスを活用して、不正が起こりにくい決済を導入することはもちろん、「実行計画」において求められる、多面的・重層的な不正使用対策を講じる必要があります。

関連記事:ネットショップ運営者がチャージバックのリスクを回避するためにできること