ネットショップ開業でショッピングカートはどう選ぶ?

ネットショップ開業でショッピングカートはどう選ぶ?

実店舗で商品を買う場合は、レジに並び店員さんにお金を払って商品を購入しますが、ネットショップでは店員さんやレジの代わりにショッピングカートと呼ばれるシステムを利用します。

このショッピングカートとはいったいどんな機能なのでしょう? ここでは、ネットショップ開業にあたって必要なショッピングカートについて紹介していきます。

ショッピングカートとは

本来ショッピングカートと言えば、スーパーマーケットなどの入り口に並べられていて、商品を直接入れることができる台車のことを指しますが、ネットショップの世界では、ネット上で商品を購入する際の注文処理のシステムを指します。

ネットショップでは、購入者が気に入った商品を選択して画面上のカートや買い物かごへ入れ、欲しい商品が全て揃った段階で決済画面に進み、決済関連の手続きを完了させます。

ショッピングカートの機能があれば、購入する商品の数や金額、送料、消費税、手数料などは自動で算出して購入者に提示し、決済方法の選択後に購入が完了したら、ネットショップの管理者は、購入者の情報(氏名、住所、電話番号、決済方法送など)も含めてデータを取得、管理することができます。

このシステムを導入するには、ネットショップへショッピングカートのプログラムを入れる必要があります。プログラムはオープンソースやレンタルカート(ASP)があり、前者はネットショップのデザインなどに合わせた自由度が高いシステムが組めるものの、プログラミングの知識や構築への手間がかかります。

後者のレンタルカートは初期、月額費用など一定の利用料を支払えば、ショッピングカートシステムを一括してレンタルすることができるため、手軽に始めることができます。初めてネットショップを運営する場合は、導入しやすいレンタルカートを選ぶと良いでしょう。

なぜショッピングカート選びが重要なのか

まだインターネットが普及し始めた頃は、商品だけをホームページで紹介し、注文はFAXやメール、電話で受けるようなネットショップも多くありました。しかしそれでは商品代金の支払いや、配送手続きなどに手間がかかりすぎるということで、現在では多くのネットショップでショッピングカートを導入しています。

しかし、ショッピングカートも日々進化しており、単に注文・支払いが完了するシステムだけにとどまらず、在庫管理や受注処理、分析、販促などネットショップに必要な機能性をほとんど保有したサービスが増えてきています。

ただ、さまざまな機能を付ければ付けるほどコストもかかる傾向があるので、自身のショッピングサイトに合ったもの、必要なもの、不要なものをしっかり選別してから自社に最適なショッピングカートを選ぶようにしましょう。

ショッピングカートの選び方

ここでは、ショッピングカートの具体的な選び方を紹介していきましょう。

機能性で選ぶ

ショッピングカートを使うのは事業者だけではありません。購入者にとって見やすく、使いやすいシステムになっていなければいけません。せっかく買おうと決めても、購入画面が分かりにくかったり、不安を感じさせるようなシステムでは、途中で購入を中断されてしまうかもしれません。ネットショップ側にとっては、システムの不備による機会損失となってしまいます。また、ログイン機能や回覧履歴、購入履歴機能、ポイント制度など、購入者にとってどんな機能が利用できるかもチェックするようにしてください。また、カートの画面遷移のステップ数も比較されると良いでしょう。

管理しやすいものを選ぶ

顧客の視点でショッピングカートを選ぶことも重要ですが、管理者にとっても扱いやすいシステムになっているかをチェックしましょう。管理画面では、購入者の注文情報だけでなく、ログイン履歴やチェックした商品、在庫の管理なども一括して行える機能もあります。クレームやトラブルを防止する意味でも、運営者としてミスが起こらないよう分かりやすく管理しやすいものを選ぶ必要があります。

費用で選ぶ

多くのレンタルカートの場合、初期費用と月額費用がかかります。初期費用は導入にかかる費用ですが、月額費用は基本料金にオプション機能や登録できる容量によって金額が加算させるシステムが多くなっています。便利そうだからといって、あれもこれもと機能を追加しすぎてしまうと、費用がかさんでしまうので、必要なものを精査するようにしましょう。

まとめ

どれも同じように見えるショッピングカートも、選び方次第で売上や顧客満足度に影響すると言えます。上記を参考に自身のショッピングサイトの状況や規模、今後の方向性を明確にして、拡張性のある最適なショッピングカートを導入するようにしてください。