デジタルコンテンツのダウンロード販売サイトの始め方

デジタルコンテンツのダウンロード販売サイトの始め方

Web上で展開されるデジタルコンテンツのダウンロード販売は物理的な在庫を持つ必要がなく、アイデア次第で売れ筋商品、ヒット作を生みだせるビジネスです。

ここではダウンロード販売サイトを始めるときの基礎知識をご紹介します。

ダウンロード販売されている商品

ダウンロード販売とはインターネットを介してデジタルコンテンツ(電子データ)をユーザーに供給する販売方法です。

音楽、映像作品、ゲームなどはもともと大手企業によるネット販売がありますが、近年は中小企業や個人が多くのオリジナルコンテンツをWeb上で供給、販売しています。小説やマンガも最初からダウンロード販売用に制作されるインディーズ作品や同人作品が増え、ニッチなファンを喜ばせる独自のマーケットを形成しています。

ネットと親和性が高いデジタルコンテンツの一つであるアプリケーションソフトでは、シェアウェアという販売方法はパソコン通信の時代からありましたが、最近はスマートフォン上で動作するアプリの販売を含めて多様化しています。

情報商材と呼ばれる知識やノウハウを商品化して販売する方法もあります。株式・投資の攻略法から美容・メイク・ダイエットのノウハウ、受験や資格取得のコツ、ビジネス情報など、こちらも多彩なコンテンツが揃い、日々増え続けています。新たな市場であり、電子書籍とも重なる分野です。

ほかにはイラスト素材、写真素材、音楽や効果音素材、動画素材など素材系のデータを販売する方法もあります。文例・書式テンプレート、3D・CG・CAD素材、フォント、Webサイト構築時に利便性のあるテンプレート、プラグインなどが商品化されています。

ダウンロード販売方法

ダウンロード販売を行うにはプラットフォームを利用する方法と、自社サイトに仕組みを構築する方法の2つがあります。

プラットフォームに出品

Amazonの「Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング」は、Amazon Kindleストアで自作の電子書籍を販売できるサービスです。ロイヤリティは70%か35%を選択可能。小説やノウハウ、ノンフィクションなどジャンルは問わず、著名人も利用しています。

電子書籍・コミックから音楽、Webテンプレート、素材まで幅広いジャンルを扱っているのが「DLmarket」です。無料で提供されているものから数万円の商品まで価格も多彩です。

BASE」はダウンロード販売にも対応しています。独自ドメインのサイトにシステムを組み込んで利用でき、ほとんどのファイル形式に対応、容量は1GBまで扱えます。クレジットカード決済を導入できるのも大きなポイントでしょう。

プラットフォームを利用すれば簡単にダウンロード販売を始められます。テスト的にスモールスタートを切れるのもメリットでしょう。一方で、他のサイトでは同じ商品を販売できない契約や、利用料やロイヤリティを支払うというデメリットがあるので注意してください。

自社サイトを使う

自由度の高さを求めるなら自社サイトでデジタルコンテンツを販売する方法がおすすめです。自社としてのコンテンツを用意することと、購入者がコンテンツを購入するための決済システムとダウンロードできるシステムを構築することが条件です。

決済システムは代金が支払われると契約が成立して購入者にデータをダウンロードする権利が与えられるという、決済代行会社によるカートシステムを利用した仕組みを使うのが一般的です。

自社サイトで商品のダウンロード販売を行うメリットはファイル形式や容量を気にせずコンテンツを用意できること、ダウンロード販売は全額が自社売上になることです。多くの商品を扱うなら、結果として自社サイト運営が向いています。

デメリットはサイトへの集客にコストがかかること。決済代行会社のサービスも利用料はかかるものの、クレジットカード、銀行振込、コンビニ払いなどによる複数の決済方式が可能になるのでメリットのほうが大きいでしょう。

ダウンロード販売を始める際のポイント

ダウンロード販売では次の2点に注意してください。

価格設定

大きく利益を出したいがために他社と比べて価格を高く設定してしまうと、当たり前のことですがユーザーは購入をためらいます。しかし、だからと言って逆に安く設定し過ぎてしまうと、粗悪品や模倣品と疑われてしまう可能性もあるので注意しなくてはいけません。販売価格の設定は、事前に市場調査などを行って慎重に決定する必要があります。

決済方法選定

決済方法は売り切りの商材なのか、更新が行われていく商材なのかなど特性によって選定しましょう。クイック決済や継続課金など商品によって適した方法を選んでください。

関連記事はこちら
ネットショップを始める前にしっておきたい都度課金と継続課金(月額課金)

まとめ

デジタルコンテンツを用意できるなら、ダウンロード販売サイトの運営は非常に魅力的なビジネスです。いまインターネット上の市場ではどんなものが売れているのか、自社でダウンロード販売が行える商材はどんなものが用意でき、売っていけそうなのか、一度アイデアを出し合ってみてはいかがでしょうか。