選べる支払方法。収納代行サービスの仕組み

選べる支払方法。収納代行サービスの仕組み

今日では、ネットショップなどの通信販売シェアが広がり、より手軽に買い物ができるようになってきました。それに合わせて、利用者の支払い方法も多様化しており、ニーズに合わせた支払い方法を準備することが大切です。

今回は支払い方法の1つとして、収納代行サービスの仕組みについてご紹介します。

収納代行とは

通販、ネットショップでの決済方法としてはクレジットカードによる決済が一般的ですが、クレジットカードを持っていない人や、インターネット上でクレジットカードを利用することに抵抗がある人などは、商品の購入をあきらめてしまうケースもあります。

そういった利用者でも安心して利用できる支払手段としては、全国のコンビニ窓口、インターネットバンキングやATMで支払いが行うことができる(こちらはPay-easy(ペイジー)と呼ばれるサービスが該当します)収納代行サービスという方法があります。

このように複数の支払い窓口より収納された料金の管理を代行してくれるのが、収納代行サービスです。

支払い窓口を増やすという点では、コンビニ各社と直接契約する方法もあります。しかしコンビニの運営会社は複数社あり、利用者の利便性を考えると、ネットショップ側としては可能な限り多くのコンビニと契約を行うことが必要となります。そうするとかかる手間は膨大になり、個別契約自体拒否される可能性が高いです。

しかし収納代行サービスが間に入れば、面倒な手続きも必要なく、複数のコンビニがまとめて利用できるという仕組みとなります。お金も一括管理されるので便利です。

なお、収納代行は支払いの催促など集金業務までは対応しません。あくまで(利用者の支払い窓口を増やすという意味での)収納を代行するサービスです。

収納代行の仕組み

収納代行の仕組みはとても簡単です。まずインターネット上での購入者に、払込票の送付やオンラインでの番号発行を行います。払込票や発行書には番号やバーコードなどの情報が記載されており、購入者はそれらを使って提携されているコンビニやその他金融機関で支払いを済ませる事が可能となります。この購入者からの支払をもとに、収納代行サービスからネットショップへ入金が行われます。

収納代行を使うメリット

収納代行の利用には手数料がかかってしまいますが、その分メリットは多数あります。中でも代表的なものは以下の2つになります。

購入者の決済方法の選択肢が増える

複数の支払い方法を選択できることで、今まで購入を諦めていた人からも購入してもらえるようになります。クレジットカードを持っていない若年層や、セキュリティ面で不安があり、インターネット上でクレジットカードを使いたくない人でも、収納代行サービスを選択していただく事で、商品を購入することができるのが大きなメリットと言えるでしょう。

ネットショップ運営者の管理工数が減る

ネットショップ運営者が自ら入金情報を管理するのは大変ですが、多くの収納代行サービスでは、入金情報をメールなどで通知するほか、ツールや管理画面などで一元化されているため、管理の手間が大幅に軽減します。Pay-easy(ペイジー)銀行振込では、消込作業も不要となるため、ミスなく素早い収納ができると言えるでしょう。

まとめ

このように収納代行サービスの仕組みを導入することで、より多くの人からの購入が期待できますし、入金管理にかかる工数を削減することも可能です。上記を参考に収納代行を検討してみてはいかがでしょうか。ソニーペイメントサービスでは、各種収納代行サービスも取り扱っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

ソニーペイメントサービスで扱っている主な収納代行サービス
コンビニ決済代行
Pay-easy(ペイジー)銀行振込