ネットショップ運営者が注意すべき銀行振込の落とし穴

ネットショップ運営者が注意すべき銀行振込の落とし穴

銀行振込はネットショップで商品を購入する際の決済方法としてはオーソドックスなものです。

しかし一方で、購入者が代金を支払う手間が発生することからトラブルが起こりやすく、また事業者側の作業も煩雑になる傾向があります。

それらを踏まえて、銀行振込における事業者側が注意すべきことについてご紹介します。

銀行振込の種類

銀行振込には先払い(前払い)と後払いがあり、振り込む際の手数料は購入者負担として設定する事業者が多い傾向があります。

先払いは、事業者が指定する口座へ購入者が商品代金を入金したことを確認後、事業者が商品発送やサービスの提供を行う方式です。注文後、ネットショップが指定口座の情報を記載したメールを送付、購入者は指定された口座に銀行窓口、ATM、あるいはネットバンキングを利用して代金を振込ます。ネットショップは入金を確認すると正式に注文を確定し、商品を発送します。

後払いは購入者が商品到着後に銀行振込で商品代金を支払う方式です。ネットショップは注文が入ると先に購入者へ商品を発送します。請求書は商品に同梱、または別送で購入者のもとに届けます。購入者は商品を確認し、指定期間内に請求書の内容に従って銀行窓口、ATM、またはネットバンキングで代金の支払手続きを行います。
※商品代金の未回収リスクがある点にご注意ください。

ネットショップで銀行振込を導入する際の注意点

先払いでも後払いでも、購入者自身が振込作業を行う必要があるため、支払いがなされない、または支払いが大幅に遅れるという可能性があります。

購入者が後に気が変わり、商品を購入したという認識が薄れ、振込がされない場合や振込することを忘れてしまう場合があります。支払いがなされなかった場合、ネットショップ側としては入金の催促やキャンセルの確認をする工数が必要になります(分割払いの場合も同様です)。また在庫を保管している場合には、入金やキャンセルの確認が取れるまで保管コストも発生してしまいます。

請求作業や事務処理を行う場合は入金確認という工程も必要になります。銀行振込は振込に必要な情報を購入者が入力しますので、単純な入力間違いによる振込ミスが発生することがあります。

そのため、請求書や購入完了メールなどに記載する振込先は、購入者が間違えないように分かりやすく目立つように明記することが重要です。決済金額となる振込額の間違いも必ずと言って良いほど起こるので、振込手数料がかかることをしっかりと明示して総振込金額が目立つように明記することも大事です。

また、入金確認作業を確実に行うために、振込名義人に「注文番号」や購入者の姓名の記入など、あわせて購入者にお願いするなどの工夫をするケースもあります。

収納代行会社を利用すると振込ミス対策が可能に

こうした銀行振込に関するトラブルを軽減し、業務の煩わしさを解消するには、収納代行会社や決済代行会社のサービスを利用することが大変有効な方法と言えます。

収納代行会社や決済代行会社を利用した銀行振込では、振込に必要な情報は全て支払い番号に紐付いています。そのため、支払い番号を入力するだけで、口座番号や入金金額が表示されるため購入者は入力する必要がありません。事業者が支払い番号発行時に番号さえ間違わなければ振込ミスはおきないのです。

また、購入者から入金されると、収納代行会社からほぼリアルタイムで通知が来るので、わざわざ時間を割いて入金確認の作業をする必要がなくなります。

銀行振込のデメリットである振込ミスや入金確認は、収納代行会社や決済代行会社のサービスを利用することで大幅に解決できるのです。

まとめ

ネットショップの運営を行っていく際、決済方法の一つである銀行振込決済は、購入者、事業者ともに煩わしさが発生することがネックです。一方、もともとオーソドックスな決済方法であるだけに購入者にとっては安心感があることも事実となりますが、収納代行会社や決済代行会社のサービスを利用することで、購入者にとっても使いやすく、事業者としても業務の効率化が見込めるため、サイトの運営業務に専念できる環境の構築が可能となっていきます。

ソニーペイメントサービスのPay-easy(ペイジー)銀行振込サービスはこちらから
Pay-easy(ペイジー)銀行振込