後払い決済に対応するメリット、デメリット

後払い決済に対応するメリット、デメリット

ネットショップの決済方法において、後払い決済はクレジットカード決済に次ぐニーズの高さとなっています。

後払い決済とはどのようなものなのか、またネットショップ運営者にとってのメリット・デメリットについてご説明します。

後払い決済とは

後払い決済とは、利用者が商品注文後、支払いを行う前に商品を受取り、指定期日内に請求書を使って支払いを行うという決済方式です。支払い方法にはコンビニ支払いや銀行・郵便局口座振込などがあります。後払いの請求書は商品とは別に封書や圧着はがきで送付される場合や、配送の際商品に同梱する場合などがあります。

利用者側からすれば、ネットショッピングは実際に商品を手に取って確認できない、商品が届くか心配だという不安があります。後払い決済は、商品を受け取って確認した後に、利用者の都合のよいタイミングと方法で支払うことができるので、その不安を和らげる効果が見込めます。

後払い決済に対応するメリット

ネットショップ運営側から見て、後払い決済に対応することはどのようなメリットがあるのでしょう。

ネットショップを利用するにあたって、先に代金を支払うことに不安を覚える購入者は一定数存在します。初めて利用するネットショップでは、イメージどおりの商品が届くかが不安になることもあります。

また、ネットを介さない通信販売では以前から後払い方式が採用されていたこともあり、この方式に慣れているという利用者も少なくありません。

買いたい商品をネットショップで見つけたとき、クレジットカード払いなどで先に支払いすることに不安や抵抗があれば、購入をためらうことになります。後払い決済に対応することで、ネットショップ側は販売機会の損失リスクを軽減でき、後払い決済を希望する利用者による売上げアップが見込めるでしょう。

また、前払いとは違い利用者が商品注文手続を行った後、入金確認をせず即座に出荷作業が行うことができます。商品代金の回収業務を代行会社に委託を行うことで入金管理作業等の工数削減が可能となります。後払い決済の導入を行うことで、業務効率化につながるメリットが多く生まれます。

後払い決済のデメリットとその回避方法

後払い決済のデメリットとしてよく挙げられていることとしては、商品代金の未回収リスクがあります。利用者が商品を受け取ったことを確認できても、その後商品代金の支払い手続きが行われないというケースが稀に発生してしまうからです。

これを防ぐには、決済代行会社や収納代行会社による立替払いを利用した後払い決済を導入する方法があります。利用者(商品購入者)の与信を含めた代金回収業務はすべて代行会社が行い、ネットショップは代行会社から購入代金の立替払いを受けることになるため、未回収リスクはなくなります。その代わりに代行会社に対しては手数料を支払うことになります。

まとめ

商品が無事に手元に届くか、商品がイメージと違わないかといった不安を抱えるネットショップ利用者にとって、後払い決済は最も利便性の高い支払い方式です。立替払いを利用した後払い決済であれば、ネットショップ側にとってもリスクが少なく、メリットが大きいと言えます。クレジットカードを持っていない人も利用できる決済方法として後払い決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ソニーペイメントサービスの後払い決済代行サービス