クレジットカードIC化がもたらす利便性とは

クレジットカードIC化がもたらす利便性とは

クレジットカードはネットショップにおける最もポピュラーな決済手段です。そのクレジットカードにおいて、今IC化が進んでいます。これらの動向は、実店舗を運営している場合だけでなく、マルチチャネル化やオムニチャネル化を進める上でも必要となる情報です。

また、実店舗での支払い方法の状況を把握することによって、より消費者の行動や思考のパターンが見えてくると言えます。

今回は、そんなクレジットカードのIC化についてご紹介します。

磁気ストライプのクレジットカードで起きていたこと

クレジットカードを読み取り方式で分けると、磁気ストライプとICチップの2種類があります。磁気ストライプ方式はコスト面での優位性があり、なかなかIC化が進まないという状態が続いています。ですがその反面、磁気ストライプは経年劣化や他の磁気カードからの影響を受けやすく、使用時に不具合が起きることがあります。そして、一番の問題は安全性です。低コストゆえに偽造され、またスキミングの被害も跡を絶ちません。

クレジットカードのIC化で便利になること

それでは、クレジットカードへICチップが搭載されるメリットについて説明しましょう。消費者にとって下記の2点が大きく変わります。

サイン無しで支払いが可能に

従来型の磁気ストライプ方式では本人認証を手書きのサイン(署名)で行ってきましたが、IC取引では利用者が専用端末への暗証番号の入力を行うことに替わります(店舗側の端末がICに対応している必要はあります)。伝票へのサインは面倒くさいと感じられていた方も多いのではないでしょうか。国外でカードを利用する際に漢字の氏名は読めないので敬遠されるといったトラブルもなくなります。

セキュリティ面の向上

サインから暗証番号へ認証方法が変わるということは、署名の際の手書きする手間がなくなるといった側面だけでなく、署名の偽造を防ぐという意味もあります。本人しか知り得ない4桁の暗証番号を利用するので、安全面での向上も大きいです。そして、スキミング後の複製が簡単な磁気ストライプとは異なり、ICチップから情報を抜き取るのは非常に高コストとなり、盗んだ情報でカードを偽造するといったことは現実的に困難です。このような特性からクレジットカードのIC化は取引を安全・安心なものへと進歩させています。

IC化100%に向けて

セキュリティ上の問題を抱えながらも長らく利用され続けていた磁気ストライプ方式のクレジットカードですが、2020年3月末までに全加盟店でIC対応できるよう環境整備が進められています。クレジットカードのIC化を実現するためには決済端末の導入・交換が必要になりますが、環境整備が整うと、加盟店側も偽造カード被害で負うリスクを原則回避できるようになるのです。

まとめ

ネットショップにおいてもクレジットカード情報の漏えい対策と不正使用対策の導入が求められています。ソニーペイメントサービスではカード情報漏えい対策として、ネットショップ側が利用者のクレジットカード情報を保存、処理、送信しない非通過型決済(トークン決済、リンク型画面決済)などのカード情報に関するセキュリティ対策をご提供しておりますので、ぜひご相談ください。