Web制作会社を探すときの心構え

Web制作会社を探すときの心構え

ネットショップの運営を開始する際、または運営をしていて売上が拡大していく流れの中で、Web上にお店を構えるネットショップの特徴として、様々な技術的な問題が待ち潜んでいます。商売は上手でもネットショップ特有の技術的な部分は賄いきれないという運営者が多く存在します。

こちらではそのような状況の運営者を支援する、Web制作会社の特性や事前に知っておくべき属性についてご紹介いたします。

ネットショップの環境構築や整備は全て自身で行う必要は無い

ネットショップの環境構築や整備においては、全て自身で技術を学び、習得していきながら行っていく必要はありません。ネットショップ運営とは基本的に小売販売となるので、商品仕入、商品開発、売り方や各種分析を最優先に考えた方が良い結果が生み出されやすいです。やはり多くの事例として、専門性があり技術力やインターネット販売の支援ノウハウを持った制作会社に、環境構築や整備において一部の業務を依頼することにより、社内の運営効率が格段に上がる傾向にあります。環境構築や整備を全て自社で賄おうとするのでは無く、その道のプロに支援の依頼を行ってもらう必要性があるのです。

制作会社には様々な特性や属性がある

インターネット販売を行うネットショップの売り場環境は、ショッピングモールへの参画やショッピングカート(ASP)の導入、オープンソースでの構築といった複数の環境を運営者によって選択可能です。どの環境で自身のネットショップを運営していくのかによって、支援を依頼する制作会社の特性を予め知っておく必要があります。

ショッピングモールである、楽天市場、Yahoo!ショッピングのシステムに精通している制作会社や、ショッピングカートを提供しているベンダーのASPを熟知している制作会社、オープンソースを採用した自社サイトの構築支援が得意な制作会社など、制作会社といえども、様々な特性があることを知る必要があります。また、属性としては、デザイン系、システム系、マーケティング系、SOHOとなる個人事業主といった制作会社が存在し、それぞれ得意分野が違うことも大きなポイントとなります。

もっとも信頼できる制作会社を探す必要性

今やリモートワークやテレワークといった、遠隔でのやり取りでありながら、精度の高い業務支援が可能な仕組みが一般的となってきています。確かに近所や近距離にある制作会社と良いマッチングができれば最良ではありますが、テレビ会議やチャットなどでも十分に業務を進めることができますので、自身のネットショップにとって、やり取りの相性がよく、結果として成果を導き出してくれる制作会社を今のうちから探しておく事にデメリットはありません。特にEC業界は時代の変化が早いので、競合他社に対して技術的な部分で後手を踏むことがないようにする必要があるでしょう。

まとめ

自身のネットショップの技術的な部分を支援してもらう制作会社にも様々な特性があります。実績が多いからとか、支援費用が安いといった視点で判断せず、まずは連絡を取り、面談を行い、それから詳細な支援内容の説明を受けることをオススメいたします。