サイトの表示速度改善がもたらすこととは

サイトの表示速度改善がもたらすこととは

ネットショップを運営する上で、誰もが気をつける要素に「使い勝手」「デザイン」「集客」などがあります。これらの要素を充実させることによりお店の売上が伸びるからです。

しかし、多くのネットショップ運営者が「サイトの表示速度改善」の重要性を認識していません。表示速度が改善されても影響は変わらないと思われがちですが、実は利益や固定費に関わる重要な要素のひとつとなります。

そこで今回は、サイト表示速度改善のメリットと、改善方法をご紹介します。

サイトの表示速度を改善するとどうなる?

サイトの表示速度が改善されると、ユーザーの離脱率が減ります。ユーザーは、サイトの表示に時間がかかりすぎると、ストレスを感じサイトから離脱する傾向にあるからです。一般的に、サイトの表示に3秒以上かかってしまうと、40%程度のユーザーがサイトから離脱するといわれています。

表示速度が改善されると、このような離脱を防ぐことができ、その後のサイト内の回遊や商品の購入に結びつき、ネットショップの売り上げの増加につながります。

また、表示速度を改善する方法のひとつとして、1ページあたりのデータ量削減があります。総合的な見直しを行うことで結果的にデータ通信量の削減に繋がり、サーバーの運用費を削減できる場合もありますので、場合によってはコスト削減にもつながるのです。

このように、サイトの表示速度は利益に直結する重要な要素と言えるのです。

表示速度のチェックの仕方

今すぐWebサイトの表示速度をチェックしたい人は、Googleが無料で提供している「Google Analytics」をサイトと連携させてください。これは、サイトのアクセス数やアクセス地域など、さまざまな要素を総合的に分析するツールであり、自社サイトを運営しているのであれば、導入は必須といえます。このツールには、サイトの表示速度を分析する機能もあります。

また、同じくGoogleが提供している「PageSpeed Insights」を使用すれば、直感的にサイトの表示速度が確認できます。サイトのURLを入力して分析ボタンをクリックするだけで、数秒後にはサイトのパフォーマンスが表示されるので、今すぐ使用してみるのもいいでしょう。

表示速度の改善方法

ここからは表示速度の改善方法をご紹介します。専門的な知識がなくても、ツールを駆使することによって改善できる方法もあります。

サーバーへの通信の回数を減らす

ユーザーがサイトを表示したとき、裏側では画像やスタイルシートなどのページを構成するさまざまなパーツをダウンロードし、表示に結び付けています。ユーザーがサイトにアクセスする際には、実際データを保管しているサーバーに対して何度も通信処理が行われているのです。

そこで、ひとつの解決策としてはサーバーへの通信回数を減らすことによって、サイトの表示速度が改善されるという考え方があります。ここで一番簡単な方法は、サイトそのものをシンプルにすることです。

ページに含まれる要素数は減らしましょう。画像ファイルがあったらあった分だけ通信が行われます。例えば罫線を画像で作らずCSSで処理すれば、その分画像ファイルが減らせます。複数のスタイルシートを一つにまとめる、複数あるJavaScriptはひとつにまとめ、不要なものを削除し最下部に記述するなども有効です。

長くネットショップを運営していると、なかなか気付くことなく過去からの累積として必要のない画像やデータなどまでデザインに含まれていってしまうことがあり得ます。このような余計なデータをそぎ落とすことによって、ユーザーにとってわかりやすいサイトになり、表示速度も改善されるのです。

画像ファイルを最適化する(データ圧縮など)

サイトで表示される画像ファイルを最適化するのも一つの手段です。画質を落とさずに、ファイルサイズを縮小する方法があります。通常の画像ファイルでは、Exif情報(デジタルカメラで撮影した際に付与される、メーカー名、撮影日などの情報)といった、サイトで表示するには不必要な情報も混じっています。これらの情報を取り除くことによって、画質を落とさずにファイルサイズだけを落とすことが可能です。

画像を最適化するツールも、有志のユーザーが公開しているので、特別な技術者でなくても、今日から実践できます。ツールを探すには「画像最適化」「画像 Exif削除ツール」といったワードで検索してみてください。

ブラウザキャッシュを利用できるようにする

ユーザーのブラウザキャッシュを利用して、表示速度を改善する方法もあります。ブラウザキャッシュとは、インターネットを利用するにあたって普段使用しているブラウザの一時ファイルに、サイトの画像やデータを保存しておくことによって、2回目以降の表示速度を改善する仕組みです。このキャッシュの有効期間を長くする設定をサイト運営者側でしておけば、再訪時の表示速度を速めることができるでしょう。

まとめ

このように、サイトの表示速度改善は利便性を向上させるだけではなく、売り上げを増加させたり運営費を減らしたりする効果があり、利益に直結します。画像の最適化などはエンジニアでなくてもツールを駆使して実践できるので、検討していく価値はあります。改善にあたっては様々な角度から地道に手間をかけていく作業になりますが、表示速度が速いサイトはなんらかの対策がなされていると考えても良いでしょう。