取り扱う商品ジャンルの特性 ~生活雑貨編~

取り扱う商品ジャンルの特性 ~生活雑貨編~

現在はインターネット通販での生活雑貨や日用品においての需要が増えており、様々なものが販売されています。物流業界の進化に伴い、ネットショップで注文を行った翌日には商品が手元に届くという便利さも、一般的になってきました。ここでは、ネットショップで購入できる生活雑貨や日用品について、どのような人達がターゲットとなり、またどのような商品カテゴリに需要が大きいか等をご紹介します。

インターネット通販で購入できる生活雑貨や日用品について

日々の生活の中で、生活雑貨や日用品は欠かせない存在ですが、消費や劣化した際は実店舗であるスーパーやコンビニエンスストアに出向き、補充を行う人も多いでしょう。

しかし現在では、インターネット通販で購入できる生活雑貨や日用品の種類も多く、また性能や品質の高いものも多く存在し、非常に充実した環境となっています。生活雑貨とは、家庭生活に関連する雑貨の総称であり、インテリア雑貨・キッチン雑貨・バス雑貨・ガーデニング雑貨などを指します。日用品においては、生活していくために必要となる物であり、衛生用品、家庭日用品、オーラルケア用品、トイレタリー用品、家庭用化学製品(洗浄剤等)などがあります。

どのような人たちがターゲットとなるか

インターネット上で販売されている生活雑貨や日用品においては、同じ用途の商品でも、安いものから高いもの、性能の優れているものなど購入者としての選択肢は非常に多く、ネットショッピングそのものを楽しむ利用者も多い傾向にあります。

生活雑貨や日用品においては、人それぞれの生活空間やスタイルにあわせ、それぞれの価値観の中でセレクトできます。季節の気候、気温に関係あるものや行事に関係のあるものなど、一年を通して需要が見込めるカテゴリとなります。このような商品を販売するネットショップの特徴として、品揃え豊富な格安店から、ある程度商品カテゴリ(キッチン雑貨など)を絞ったセレクトショップや高級専門店など、様々な店構えが存在します。

勿論、ネットショップ運営に際して意識しなければならないのが、どのターゲットにどのように販売するかということになります。品揃え豊富な格安店であれば、商品が探しやすいよう、ECサイトのユーザビリティの向上に努めたり、用途別に選択肢を設けるなどのほか、競合店と差別化を図るべく自身のネットショップならではのイベント企画開催を行うなどのアイデアが必要となります。セレクトショップや高級専門店においては、生活雑貨や日用品に対してこだわりを持つ層や、コレクション趣向が高い層等に対して、セレクトした理由や、価格が高い理由などをより、明確に解り易く記述を行う必要があるでしょう。

生活雑貨や日用品を販売する際の脅威と対策について

大型ECサイトや資本力のある企業が、続々と参入してきている中、既存の生活雑貨や日用品を販売するネットショップはどのような対策を行っていけばよいでしょうか。先駆者利益として、ネットショップ運営の期間が長いほど、運営ノウハウは蓄積されており、リピーターも多く存在していることは強みとなりますが、「参入してくる大手ECサイトや資本力のある企業は、ターゲット分析や販売する商品の仕入れ・集客方法・販促プロモーションなど、想像を超えた規模や精度での展開を図ってくる」という脅威を認識しておく必要があります。ただし、他社が扱うことができない自社商品や、特別な商品が販売できる環境にある場合は、自社のファンを増やしていくことができる要素を多く含むため、他社とは違った独自戦略を敷くことが可能となるでしょう。

まとめ

同種の商品を販売する新参ショップが見受けられた際には即対策を行わなければなりません。自身のネットショップが持つ強みを最大限に活かした戦略の再構築などを行い、販売商品の見直しやカテゴリに特化したセレクトショップや専門店化など、大掛かりな事業転換が必要になる場合がありますので、注意が必要です。