数多くあるネットショップの中でどう差別化する?

数多くあるネットショップの中でどう差別化する?

ネットショップ運営を行っていく中で、常に競合より優位に立ち、事業を成功に導くためには、サイトや商品の見せ方にこだわったり、商品の中でも扱うジャンルを絞るなどの差別化が必要です。

それでは、差別化はどのような考えに基づいて、どのような方法で行うべきなのでしょうか。差別化を図る際にぜひとも押さえておきたいポイントについてご説明します。

ネットショップ差別化の必要性

「平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」(経済産業省)によると、国内のEC市場規模(BtoC)は15.1兆円に拡大。成熟期に差し掛かった市場において、ネットショップはサバイバル競争の時代に入っています。

このように市場規模が大きくなり、大規模なネットショップに加え中・小規模なネットショップも数多くある状態では、「どこにでもあるネットショップ」は選んでもらえません。「そのお店で買う理由」が購入者に伝わらなれなければ、他のネットショップを見つけて買われてしまいます。

「そこで買う理由」というのは、そこにしかない商品を販売していることや、価格が安いことだけとは限りません。このネットショップにくればいい商品がすぐに見つかる、商品画像にもこだわりが感じられ、説明が面白くて購買意欲をそそられるといったことも含まれます。

これらは資金力に左右されず、運営者の「アイデア」や「工夫」次第で購入者やファンを増加させていくことができる要素です。まずは、自身のネットショップが「どこにでもあるネットショップ」にならないよう、どのようなコンセプトで運営するか決めましょう。それが優良顧客を獲得するための基盤となります。

ネットショップ差別化のポイント

差別化にあたっては、まず競合調査から初めることをおすすめします。競合となるネットショップは、検索エンジンから簡単に探せます。特にリスティング広告を出しているショップは、ある程度の予算をかけて本格的に運用している可能性が高いです。

こうしてリストアップしたネットショップが、商品を売るためにどのようなアプローチをしているか確認し、細かい要素(商品ラインナップ、価格、送料、ポイント有無、決済方法など)もリストに記入していきます。複数の競合先をピックアップし、その上で自身のネットショップと比較し、現状の立ち位置を確認してみましょう。

また、ネットショップの差別化は利用者に選ばれるための差別化でなくては意味がありません。利用者が喜ぶ差別化を実現するには、ターゲットをしっかりと定め、明確なコンセプトを固めることが重要です。どんな利用者が、どんなきっかけで、何と比較して商品を買うのかを考えること。それを実現できる差別化であること。あくまで利用者目線に立って、競合先とは違う特徴あるショップを作り上げていきましょう。

どうやって差別化する?

では、具体的にどのように差別化するのか、代表的な例を見てみましょう。

商品で差別化

オリジナル商品や販売店舗が限られている商品、あるいはニッチな商品を販売することは理想的な差別化戦略だと言えます。ただし、一定の需要を獲得するためには認知度の向上を図る施策も合わせて行う必要があります。

すでに多くの競合が存在するジャンルで勝負を仕掛けることは難しいと言えますが、取り扱うジャンルを絞って商品を揃えることや、コレクション性のある商品、利用者にとってメリットのあるまとめ売りや複数商品を組み合わせたセット販売などを行うことで違いを生み出すことができます。

また、販売する商品構成に独自のこだわりを持ち、ショップ自体のブランディングを行なって、セレクトショップのようなセールス方法で成功している例もあります。あるいは、商品の見せ方についての工夫を徹底し、ひとつの商品に付き複数の写真を載せたり、サイト独自の商品情報の掲載や、売り手自らが利用方法を動画で説明したりすることなどでの差別化も図ることができます。

広告手法で差別化

インターネット広告は集客のための有効な手段です。しかし、単にアクセス数が増えるだけでは意味は薄く、想定したターゲットが確実にサイトを訪れてくれるよう仕掛けなければ差別化にはつながりません。勿論、広告費はかかりますので、精度が低いインターネット広告は無駄な経費の捻出となってしまいます。

例えばSNSであるFacebook上の広告では年齢や性別のみならず、市区町村や趣味・関心まで絞ったターゲット設定、抽出が可能です。また、リターゲティング広告といって、自社サイトに一度訪れたユーザーに対して、そのユーザーが別サイトを見ている際に広告を表示させるという手法もあります。

このように、ターゲティングにこだわる、サイト流入前後の行動まで追う、といった工夫が差別化にあたっては必要です。最新の広告手法には敏感になっておきましょう。競合サイトの広告の内容を十分にチェックし、広告の設定を行う際は、それに負けないインパクトのあるデザインや文言を心がけることも大事です。

ネットショップの機能で差別化

もう一つ見落せないのは、ネットショップの機能による差別化です。とくに自社サイトとなるネットショップでは、商品検索機能やショッピングカート機能、決済方法などの利用のしやすさ、わかりやすさ、安心感が具体的な購買行動に直結します。

ショッピング機能に関しては、SSL認証サービスを取り入れるなど安全性に力を入れたり、購入者の利便性を重視したショッピングカートを構築、設置することで、競合他社との差別化が図れます。利便性の例としては、同様の商品がレコメンド(回覧者の好む属性の商品が自動的に羅列)されたり、サイズ、スペックの選択が容易であるサイト上の機能面はもちろん、わかりやすい送料の明記や配送日時指定の提示、決済においては複数の支払方法が選択でき、さらにはラッピングのサービス等が用意されているといった工夫が各社で見られます。魅力的な商品、伝わる広告手法と合わせ、基本機能を充実させた環境作りを行っていくことこそ、ネットショップ運営において差別化要因を生み出すポイントと言えるでしょう。

更に、競合先には真似のできない自社のみが特化できる要素を見つけることでネットショップとしての差別化が十分に確立できれば、過剰な価格競争などを回避することができます。何を持ってしてほかのネットショップとの違いを作り出すのか、まずはそこから考えてみてはいかがでしょうか。