1. ホーム
  2. オンライン決済をご検討の方へ
  3. クレジットカード決済代行
  4. 改正割賦販売法をご存知かな?【非対面事業者向け】

改正割賦販売法をご存知かな?【非対面事業者様向け】

2018年6月1日施行の改正割賦販売法により、加盟店様(EC事業者様)はカード情報のセキュリティ対策が義務になります。
セキュリティ対策の実務指針として「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」が位置づけられており、
具体的にどのような対策が加盟店様に必要となるのか、ひほ爺が解説いたします。

↓↓ひほ爺の「改正割賦販売法の施行によりカード情報のセキュリティ対策が義務になるのじゃ!」講義を動画で受講してみる。↓↓

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画とは?

クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画とは、不正アクセスによるカード情報漏えいが拡大し、それに伴い不正使用による被害も年々増加している背景から、安全・安心なクレジットカード利用環境を実現するために、クレジット取引セキュリティ協議会が2016年2月に「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策強化に向けた実行計画」(以下、実行計画)を策定しました。

ひほ爺

実行計画を理解する上で重要なのが対策の3本柱、
①カード情報漏えい対策
②偽造カードによる不正使用対策
③非対面取引における不正使用対策となり、これらは法的に対応が義務になるぞ。

実行計画の3本柱

実行計画の骨子 対応内容
①カード情報の漏えい対策

・加盟店様におけるカード情報の非保持化、またはPCI DSSへの準拠

改正割賦販売法の施行により
左記対応は法的義務
②偽造カードによる不正使用対策

・クレジットカードの100%IC化

・決済端末の100%IC化

③ECにおける不正使用対策

・多面的、重層的な不正使用対策の導入

非対面加盟店様(EC事業者様)で対応が必要なのは ①カード情報の漏えい対策(=「カード情報を盗らせない」こと)と
③非対面取引における不正使用対策(=「なりすまし不正使用をさせない」こと)となるのじゃな。
次は①カード情報漏えい対策「カード情報を盗らせない」ための対策について話を進めていくとするかの。

ひほ爺

実行計画は2017年3月に実行計画2017へ、2018年3月には実行計画2018へ改定されていますので、ご注意ください。

「実行計画2017」主な改定のポイントと対策2017」主な改定のポイントと対策

「実行計画2018」改定のポイント【非対面事業者様向け】

カード情報漏えい対策  カード情報を盗らせないためには

カード情報を盗らせないために重要となってくるのが「カード情報の非保持化」です。

カード情報の非保持化について説明するひほ爺

非保持化対策には、自社で保有する端末でカード情報を「保存」「処理」「通過」しないことが
必要なのじゃな。具体的な対策方法については以下ページにまとめておるぞ。

カード情報の非保持化について説明するひほ爺

非保持化対策には、自社で保有する端末でカード情報を「保存」「処理」「通過」しないことが必要なのじゃな。具体的な対策方法については以下ページにまとめておるぞ。

クレジットカード情報の非保持化対策のお悩みをまるっと解決

ひほ爺

困ったら以下のフォームから、ひほ爺にお問い合わせをいただけるかの。
それでは、次に③ECにおける不正使用対策「なりすまし不正使用をさせない」について話を進めてみようかの。

ご相談・お問い合わせは

非対面取引における不正使用対策  なりすまし不正使用をさせないためには

なりすましによる不正使用対策をさせないためには、不正使用対策を導入する必要があります。

不正使用対策について説明するひほ爺

リスクに応じて多面的・重層的なこれらの不正使用対策の導入が必要なるぞ。
この中でもおすすめなのが「認証アシストサービス」じゃ。

不正使用対策について説明するひほ爺

リスクに応じて多面的・重層的なこれらの不正使用対策の導入が必要なるぞ。
この中でもおすすめなのが「認証アシストサービス」じゃ。

認証アシストサービス

認証アシストサービス

弊社独自のサービスで、カード会社に登録されている
個人属性情報と照合することでで本人認証を
行う機能じゃ!

ひほ爺

本人であれば必ず知っている情報のため、煩わしさがなく、ユーザーにやさしい。パスワード失念による機会損失を軽減することが見込めます。

ご相談・お問い合わせは
ご相談・お問い合わせは