どれを選ぶべき?ネットショップの構築方法

どれを選ぶべき?ネットショップの構築方法

いざネットショップを立ち上げようと思った時、次にぶつかるのはどのようにネットショップを構築するかという問題 に頭を抱える方が多いです。

ネットショップの構築方法にはさまざまな種類があり、目指すビジネスの規模や予算などによって最適なものが変わってきます。

ここではネットショップの構築方法について説明します。

ネットショップの構築方法の種類

ネットショップの構築方法は、簡単にできるものから多額の予算と制作期間、そして技術力を必要とするものまで多数あります。以下、代表的なものをご紹介します。

モール

モール、またはショッピングモールは現実社会にも存在しますが、インターネット上にも同様のものが複数存在します。モールには多くのテナント(店子)が出店し、そこに訪れた利用者がショッピングを楽しむという仕組みになっています。代表的なモールとしては「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」「Wowma!」「ポンパレモール」「Qoo10」などがあります。

すでに多数のモール会員がいる場所に出店できるというメリットが大きいですが、反面、出店者数も多いため埋もれてしまう可能性もあること、月額料金や販売手数料、アフィリエイトパートナーへの報酬などが発生することに注意しなくてはいけません。

自社開発

販売環境やシステムを自社で構築する方法もあります。自社開発の中には1からすべてを作るフルスクラッチと呼ばれるものから、既存のパッケージ製品を購入してそれをカスタマイズして使っていくやり方の2種類があります。

幅広いカスタマイズが可能で、自社ルールの中で自由にネットショップを構築できますが、構築には多額な予算と期間がかかる傾向にあります。また精度の高い継続的なセキュリティ対策も考える必要があります。

専用システム

オープンソースとして出回っているEC構築パッケージを使うのもポピュラーなやり方です。「EC-CUBE」「Magento」「Drupal」「Welcart (WordPress)」といったプラットフォームがあり、無料で使用できる上、ショッピングカート機能が標準装備されていることもあって多くのネットショップ運営者に重宝されています。パッケージがあるとはいえ、構築及び管理をするためのエンジニアは必要です。また、開発や運用、セキュリティ対策は基本的に自己責任となり、保守の人員や工数の確保も課題となります。

ASP

ASP(Application Service Provider)とはアプリケーションサービスプロバイダのことで、ウェブ上にある既存のサービスをレンタルするという方法です。月額の利用料が発生するレンタルショッピングカートなどもASPのひとつになります。ASPのメリットはシステム開発の手間がいらず必要となるコストも低く、ネットショップ運営に必要な機能が用意されている為、もっとも簡単にネットショップを始められるやり方と言えます。

有名なものとしては「WISECART」「CNカート」「侍カート」「Growth Cloud」「BASE」などがあります。ASPには、機能追加や保守もサービス提供側に任せられるというメリットもあります。その反面、カスタマイズは比較的難しく自由度が低くなります。

ネットショップの構築方法はビジネスの売上規模、予算規模、そしてどれくらいの機能をサイトに求めるかということを総合的に判断して決めましょう。自社運営のネットショップとショッピングモールへの出店を並行して行う場合は、受注対応の方法や、販売する商品の在庫連携などについても考えておきましょう。

構築する上での注意点

ネットショップを構築するための選択肢は多数ありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。それらをよく吟味した上で、自分が展開したいネットショップに合った方法を選択しましょう。

また、特に自社開発や専用システムでの構築においては、セキュリティ面にも気を付けないといけません。公開前にセキュリティ対策についてチェックするのはもちろん、公開後もメンテナンスや保守が継続的に必要です。

まとめ

ネットショップの構築方法は多数あります。まずはモールへの出店やASP環境から始め、売上げの拡大に合わせて、専用システムの導入を行うといった考え方もあります。自分のイメージするネットショップに一番ふさわしいのはどのやり方なのか、予算や売上規模、どこまで独自の機能性を追求するかといった部分を考慮して最適なものをセレクトしましょう。