まずはここから!ネットショップ分析の基本

まずはここから!ネットショップ分析の基本

ネットショップを運営していく上で欠かせないのが、アクセス解析ツールなどを使ったネットショップ分析です。

分析をするとどのようなことがわかり、どんなことに生かせるのでしょうか。

今回は、ネットショップの分析の基本についてご紹介します。

ネットショップのサイト分析はなにから始めたらいい?

サイト分析は、サイトへのアクセス状況を調べるための「アクセス解析ツール」を使って行うのが一般的です。

よく知られているのはGoogleが無料で提供している「Google Analytics」というツールです。Google Analyticsには多彩な機能が備わっていますが、以下が基本的な指標となるので覚えておきましょう。多彩な機能なゆえに、常に様々な項目においての高機能化が進められています。まずは全ての機能を使う事を意識せずに、基本項目を押さえておきましょう。

  • セッション(サイトへの訪問数。ユーザーが訪れてから離脱するまでをカウント)
  • ユーザー(サイトを訪れた人数。特定の期間内に訪れたユーザーの数でカウント)
  • ページビュー(サイト内で閲覧されたページの数)
  • 直帰率(ユーザーがサイト内でページ遷移することなく離脱した割合)
  • 離脱率(ユーザーがサイト内のいずれかのページで離脱した割合)

ネットショップ分析の基本項目

ネットショップ分析では前述の項目に加えて、ユーザーがどこから来て、サイト内でなにを見ているかを知ることが重要です。分析しておきたい項目を挙げてみましょう。

サイト内のアクセス数の推移を見る

サイトそのものへのアクセス数も気になるところですが、サイト内のどのページ(コンテンツ)の訪問数が多いかを知り、また一定期間内での訪問数の増減がどうなっているかを調べることはとくに重要です。ページ別の訪問数は指定したページのセッション数でわかります。最近になって急激に訪問数が増えているページが確認できれば、そのページの質を上げるために、商品写真を増やす、商品説明をより具体的に記載する、使用レビューを記載するなどを行うと良いでしょう。また、そのページの内容に関連するコンテンツを早急に増やすことを考えるべきだと言えます。

流入経路を見る

ユーザーがどこから流入してきているのかを知れば、どんな集客方法が有効なのかがわかります。リファラー(参照元)を知りたいときはGoogle Analytics、ユーザーが検索に使用したキーワード、クエリを知りたいときは、Google Search Consoleというツールを利用するのが便利です(検索される回数が少ないクエリ、個人情報や機密情報が含まれるクエリは表示されないことがあります)。需要があると思われるキーワードが見つかったら、SEO(検索結果で上位に表示させるための対策のこと)を意識したページやコンテンツ記事を増やすなどを行い、対策を強化してみましょう。

回遊経路を見る

ユーザーがサイト内をどのような経路で回遊しているのかを解析することも必須です。同時にトップページ、一覧ページ、詳細ページ、ランディングページ(LP)など役割の異なるページごとの滞在時間、離脱率もチェックしましょう。もしも意図しないページで離脱率が高いことがわかったら、なぜそこで離脱されてしまうのかを分析し改善する必要があります。ユーザーがLPに行き着くまでの的確な誘導ができているか、行き止まりが作られていないかなどサイトの構造や導線、仕掛けを見直す機会になります。

ネットショップ分析を行うメリット

ネットショップ分析がもたらすメリットについても再確認しておきます。とくに以下の3点は意識したいポイントです。

集客や販促施策に役立つ

ユーザーがどのキーワードを意識し、またはどこからどんな目的やニーズを持ってアクセスしているのかを知ることで、集客、販促のための施策をより効果的なものに改善することができます。

サービス向上や商品構成の検討に役立つ

ユーザーにとって魅力のあるネットショップとはどんなものかを考える材料になります。どのようなサービスやデザインに共感していただけているか、また、商品構成の内容や方向性についてもヒントを得られるでしょう。

サイトの機能改善に役立つ

サイトの機能を見直すきっかけを得られます。入力フォームでの離脱が多ければ入力フォームそのものの最適化を検討すべきです。購入直前の離脱が目立つ場合は決済方法のバリエーションや情報内容に不備があることが考えられます。どんな決済方法が求められているかを調べて、必要に応じて追加導入しましょう。

まとめ

ネットショップ分析をすることでサイトの改善・最適化のためのヒントが得られるのは、リアル店舗ではあまりできない、来店から購入までのプロセスを各所データで分析が出来る点にありネットショップならではの利点です。アクセス解析ツールを賢く活用して運営するネットショップを更により良い方向に向けられるよう、ブラッシュアップを行い、対策や改善を進めてまいりましょう。