ネットショップ運営のフルフィルメントサービスとは

ネットショップ運営のフルフィルメントサービスとは

利用者に購入して頂いた商品の受注・発送に関わる業務を外部の会社に任せる、フルフィルメントサービスを利用するネットショップが増えています。

このサービスを利用するとどのようなメリットが得られるのか、また導入にあたってどのようなことに注意すべきなのかなど、今回はフルフィルメントサービスについてご紹介します。

フルフィルメントサービスとは

フルフィルメントサービスとは、通販やECビジネスにおいて、受注より購入者に商品を届けるまでの一連の業務を包括的に依頼できるサービスのことです。対象となる業務を大雑把に言えば、受注・発送に関わる業務が中心となります。このフルフィルメントサービスを提供しているのは主に、運送会社、倉庫会社、大手ECサイト運営会社などです。

フルフィルメントサービスのメリット

それでは、ネットショップ運営者がフルフィルメントサービスを利用することで得られるメリットはなんでしょう。

多岐にわたる業務を任せることができる

通常、フルフィルメントに含まれる業務には、受注、検品、梱包、発送、受け渡しなどの物流に関わる業務があります。これ以外にも、フルフィルメントサービスを提供している貴社によっては、在庫管理、入金管理、顧客データ管理、クレーム処理、返品受付、コールセンターなどの業務を含むこともあります。こうした受注・発送に関わる多様な業務をサービス会社に依頼して任せることができます。

一方、一般的にフルフィルメントに含まれない業務としては、商品企画や仕入れ、マーケティング業務、顧客情報分析などが挙げられます。つまり、フルフィルメントサービスを利用することで、ネットショップ運営者は販売促進や商品企画などの本来、注力すべき業務に集中できるようになるわけです。

サービス会社の専門的ノウハウを利用できる

フルフィルメントサービスの提供を行う会社は受注・発送に関わる業務において、専門的なノウハウを持っています。ネットショップ運営者が自社で倉庫を持ち、設備を整え、発送の手配をするよりも、効率的かつスピーディーに発送作業を遂行できる可能性が高いということです。商品の到着がスピードアップされれば、利用者の満足度も上がります。結果的に売上げアップにもつながるでしょう。

フルフィルメントサービスを検討する際の注意点

フルフィルメントサービスを導入するときは、次のようなことに注意する必要があります。

対応業務がどこまでか、強みがどこかを把握する

受注・発送に関わるごく基本的な業務だけを任せたいのか、多岐にわたる業務を依頼したいのかなど、まずネットショップ側の要求を明確にすることが必要です。取り扱う商材の特性や、これまでの在庫管理の仕方などによって要求は変わってくるでしょう。

一方、フルフィルメントサービス会社側が用意している対応業務内容や範囲、同業者と比べた場合の強みがどこなのかもしっかりと把握します。ネットショップ側の要求とフルフィルメントサービス会社の提供内容をすり合わせた際にマッチする要素が多ければ、実際に導入するメリットも大きくなります。

セキュリティ管理体制を把握する

受注・発送に関わる重要な業務をアウトソーシングすることになるので、顧客の個人情報などの情報漏えい対策についても確認しておく必要があります。自社の受注状況などに関する情報についても守秘義務を課すべきです。

以上を踏まえて、フルフィルメントサービスを利用する際は、次の事が大切です。

  • 業務をアウトソーシングした後も依頼した作業内容を把握し、決して任せきりにしない
  • 契約内容どおりに履行されているか、常に確認を怠らない

自社でも対応できる作業である場合、アウトソーシングする事によって効率化が図れるのか、メリットを十分に活かせるのかを検証しなければなりません。こうした条件を満たしていれば、フルフィルメントサービスはネットショップ運営側にとって大変魅力的なサービスと言えるでしょう。