在庫管理で欠かせないロケーション管理とは

在庫管理で欠かせないロケーション管理とは

在庫管理や倉庫管理について知識がある人なら、「ロケーション管理」という言葉の意味もご存知なのではないでしょうか。

ロケーション管理にはどのような種類があるのか、また、ロケーション管理はネットショップにどのような効果をもたらすのか、その重要な役割についてご紹介します。

ロケーション管理とは

ロケーション管理とは、在庫管理に関連する手法の一つで、商品を倉庫内のどの棚(またはラック)のどの場所に置くかというロケーション(アドレス)を定め、商品名、数量を把握して管理することです。ロケーション管理を行うことで在庫を正確に把握することが可能になり、ピッキング作業の効率化も図れます。また、ロケーション管理を行う際に必要な管理システムも、ニーズに合わせ様々なものが存在します。

代表的なロケーション管理

ロケーション管理には大きく分けて次の2つの運用方法があります。

固定ロケーション

固定ロケーションは、あらかじめ商品ごとに保管する場所を決めておき、商品が入荷したらその場所に置く方法です。ロケーションとアイテムを最初から紐付けておくやり方とも言えます。商品が置いてある場所は常に同じなので、ピッキング業務を行う作業者の効率が上がるというメリットがあります。デメリットは固定ロケーションとして定めた場所が空いていてもそこにほかのアイテムを置けないため、スペース効率が悪くなることです。

フリーロケーション

フリーロケーションは、空いている場所に商品を置いて保管していく方法です。ロケーションとアイテムの紐付けは、商品を置いた際に行います。メリットは、空いているスペースを有効活用できること、新アイテムが入荷したときや同アイテムのロット別の保管などに柔軟に対応できることです。逆に、同種、同系統の商材がバラバラに保管されることが多くなり、ピッキング時に商材を探すのに手間取る場合があり、業務効率が落ちるのがデメリットです。

実際にこのフリーロケーションを運用するには、システム化されたロケーション管理を導入するのが通例です。バーコードやQRコード、ハンディターミナルを使用し、ロケーション管理機能のある在庫管理システムを使うことで、アイテムとロケーションの紐付けとその管理が容易になります。徹底したシステム化を行うことでピッキング効率を上げることもできます。

ロケーション管理ができると何がいいの?

ロケーション管理ができると、ネットショップにとってどのようなプラスの効果が得られるのでしょうか。

効果として最も大きいのは、在庫管理の効率化によって「取引量の増加」に対応できるようになることです。取引量が増え、規模が拡大したネットショップに求められるのは、大量の受注に対するスピーディーかつ正確な対応です。そのためには在庫確認、納期確認、ピッキング、梱包、出荷といった一連の業務をスムーズに処理していかなければいけません。ロケーション管理はそのベースとなるものです。

また、フリーロケーションによるシステム化されたロケーション管理は、大量受注だけでなく、新商材の導入や商材の入れ替えにも敏速かつ柔軟に対応できるのが強みです。新しい売れ筋商品をいち早く仕入れてサイトに掲載し、利用者からの注文があればそれにスムーズに対応して出荷する…こうした仕組みを構築できれば、売上拡大にも顧客満足度の向上にも貢献できます。

さらに、ネットショップ運営側が定めた多すぎず少なすぎない適正在庫の確保が可能になり、過剰在庫や在庫切れを防いで保管にかかるコストを最適化できます。

まとめ

ロケーション管理は単に倉庫内のピッキング作業を楽にするためだけのものではありません。ロケーション管理によって在庫管理を効率化させることによって、更なる売上拡大や顧客満足度向上を目指すことができるネットショップを作り上げていきましょう。