取り扱う商品ジャンルの特性 ~地域特産品編~

取り扱う商品ジャンルの特性 ~地域特産品編~

全国各地の行政や団体が行うPR活動は、その地域の特産品をブランド化させるために、「その地に足を運ぶ観光客に対してのアプローチ」や「メディアの力で認知度を上げている」のが現状です。ネットショップ業界においても、全国各地より、多くのネットショップ運営事業者がインターネット販売を行っています。こちらでは、地域特産品がインターネット通販でどのような人たちに、どのように受け入れられているのか、またどのような地域特産品に人気があるのかについてご紹介します。

どんな人たちがターゲットとなるか

地域特産品をインターネット通販で販売する事業者は、どのようなターゲットに対して販売を行っているのでしょうか。ネットショップ運営の際、特に意識しなければならないのが、販売している地域特産品がどのくらいインターネットで検索されているかになります。検索数が多い地域特産品はやはり認知度も高い傾向にあり、ネットショップ経由での購入数も見込めます。一方、検索数が少ない商品においては優れた商品であっても認知度が低いため、伸び悩む傾向にあります。そういった商品の販売強化を行っていくためには、認知度そのものの向上が必要となります。

したがって地域特産品を販売する際のターゲット属性は複数存在します。
1.その地域の出身者が現在の居住地よりお取り寄せを行うケース
2.普段からメディアで情報を入手している潜在顧客で、その地域特産品をメディアを通じて知ることで購入意欲が沸くというケース
3.実際に観光や出張などでその地に足を運んだ人が、その地域特産品を実際に体験し、その後お取り寄せを行うというケース
などが挙げられます。

地域特産品の特性について

通年購入できるものや、その旬でしか購入できないものなど、様々な特徴を持った商品が全国に存在します。類似商品も多いのが現状ですが、やはり「その地ならではの素材を使い老舗店舗や有名店舗が製造した商品」や「その期間でしか購入できない果樹や野菜」などに人気が集まっているようです。ネットショップ運営の際にはその地域で販売されており、ある程度認知されている商品を並べ、その中で一番動きのある商品において販促を集中させていくことや、期間限定の商品においては予め事前に予約販売を行うなどの工夫も必要であり、商品によっては定期購入の仕組みを導入し、ファンに対して安定供給を行うことも一つのアイデアとなります。

話題を生み出す地域特産品

話題性のある地域特産品においては、やはり人気が集中します。テレビ番組やブログ等、芸能人や有名人がその商品を取り上げる事で、ある日突然人気が爆発したりします。その後、SNSなどでも話題となり、その情報が拡散されていくことで商品の価値が向上し、数年先まで予約が入っている商品などもあります。 地域特産品ならではとなる限定感の演出や、予約しないと購入できない商品などの告知を強化するなどが必要となり、商品のネーミングにおいても、認知されている地域名やキャッチコピー、または高級感が感じられる商品名を設定する事も有益と言えます。

まとめ

インターネットが無かった時代には、その地に足を運んだ人しか購入できないものが地域特産品として認識されていましたが、今やインターネットを活用する事で、どの地域のものでも購入が可能な時代となっています。しかし旅行や観光においてはなくなることが無い文化でもありますので、「旅前、旅中、旅後」という言葉があるように、ネットショップ事業者がそのターゲットに対してコンテンツマーケティングを行う必要も出てくるでしょう。旅前では期待値を上げるための情報発信は常に行い、旅中で実際に商品を体験してもらい、旅後で自宅にお取り寄せといった流れが作れると、最終的には自宅に商品を取り寄せる、その地を体験したユーザーが購入頻度の高い顧客となっていくでしょう。