メルマガの購読者を増やすにはどのような集客や運営をしたらいい?

メルマガの購読者を増やすにはどのような集客や運営をしたらいい?

メルマガ(メールマガジン)の購読者を増やすことは、ネットショップの購入者や固定客、ひいてはファンを増やすことにつながります。

では、メルマガ購読者はどのようにして増やしていけばいいのでしょうか。購読者を集めるための考え方と方法についてご紹介します。

メルマガの購読者を増やすためにすること

メルマガの購読者を増やすにはどのような方法があるのでしょう。ここでは、以下3つの施策を組み合わせることをおすすめします。

購入時の案内

商品を購入した経験のあるネットショップ利用者は有力なメルマガの読者候補であり、リピーター候補です。自サイトに対する関心も高いことが期待でき、次回購入へとつなげるためのフォローも必要です。

購入者に対してメルマガの購読を案内するには、購入手続きフロー内で、メルマガ登録について「はい」「いいえ」で選択してもらうダイアログを用意するのが一般的です。その際、購入者にとって商品の購入を行うネットショップより有益な情報が届くということを訴求できれば、「はい」をクリックしてもらえる確率も高くなります。「購入者の○%が登録しています」といった文言でアピールする、配信するメールのイメージを見せる、などの工夫があると効果があるでしょう。

インセンティブの付与

メルマガ登録者向けに次回の商品購入に対して送料無料や割引の特典を用意します。メルマガ登録を条件としたプレゼント応募企画を用意するのも効果的です。実店舗がある場合には「メルマガ登録でいますぐ◯円割引、○○をサービス」といったキャンペーンを行うこともあります。こうした得をする仕組みを作ることでインセンティブを付与すれば、登録率は格段にアップします。

登録促進の工夫

購入経験者へメルマガの案内を行うことは読者を増やすために有効だと言えますが、この方法ではまだ購入したことのない新規メルマガ購読者を増やすことはできません。そのため、メルマガを配信していることを知ってもらうための仕掛けが必要です。サイト内に簡単に登録ができる入力フォームを配置するのはもちろんですが、それ以外にも登録を促進するためのコンテンツを用意しましょう。ポイントはメルマガの魅力を伝えることです。「メルマガ会員限定のセール情報をちょっとだけ告知!」「メルマガ登録者だけに、入荷商品を先行お知らせします」といったお得感のある情報を掲載して、アピールをします。また、過去に人気のあったコラム記事などを一部読めるようにして「この続きはメルマガで……」と登録を促すのも効果があるでしょう。

その他にも、例えば性格診断テストを作って、メルマガ登録をすればその結果がわかるようにします。こうした仕掛けの良い点は、利用者に対して「面白そうな、有益なメルマガ」だという印象を与えられることです。性格診断テストのほかにも、クイズなど商材やターゲットに合わせて、利用者が喜んで挑戦してみたくなるようなコンテンツを考えてみましょう。

継続購読への工夫

メルマガの登録者が増えたとしても、継続してメルマガを読んでもらえなければ意味がありません。既存の購読者への働きかけも重要です。継続購読を促すには、割引特典案内、クーポン発行、セールなどの限定情報提供を定期的に行うことも時には効果的です。ただし、頻繁に行いすぎるといつでも割引しているように見えてしまい、効果が薄れますので、適度に間隔をあけて発行しましょう。

ほかにはネットショップのスタッフや“店長”が書く個性的なコラムを掲載することで人気を得ているメルマガもあります。メルマガで届ける情報には、単に商品の告知だけではなく、配信される内容が購読者にとって役に立つか、面白いかといういずれか(あるいは両方)の要素が必要です。このことを意識してメルマガ作りに取り組んでみましょう。

まとめ

メルマガ購読者を増やすには、ネットショップ運営側の努力として何かしら工夫やアイデアを凝らすことが必要です。あなたのネットショップに合った集客方法をぜひ探し当ててください。ただ、メルマガの購読者を増やすことがゴールではありません。質の高いリピーターやファンを獲得するために、購読の継続性を見込むメルマガの内容自体への工夫も必要になります。