契約形態・導入までの流れ

加盟代行契約 カード会社やコンビニなどとの契約、資金決済などトータルサポート

ソニーペイメントサービスとのご契約は「加盟代行契約」「情報処理契約」の2形態。
事業者様のビジネス形態やニーズに合わせてご利用いただけ併用も可能です。

加盟代行型(決済システム利用+契約・資金決済一本化)

加盟代行型(決済システム利用+契約・資金決済一本化)のフロー図
加盟代行型(決済システム利用+契約・資金決済一本化)のフロー図

※カード会社やコンビニなどとの契約、条件交渉、事務手続きをすべて代行いたします。

※売上金額の資金決済を一本化
カード会社やコンビニなどから個別に振り込まれている売上代金を、当社が一括してお振り込みいたします。
また、ご要望により資金決済回数を増やすことができます。

※審査が必要となります。

※カード会社からの様々な問い合せを当社が対応
カードのご利用内容などに関するクレジットカード会社からの問い合わせは、当社の専門スタッフが対応します。

情報処理契約 システム面のみをサポート

情報処理型(決済システムのみ利用)

情報処理型(決済システムのみ利用)のフロー図
情報処理型(決済システムのみ利用)のフロー図

※事業者様はカード会社と直接契約したままe-SCOTTの利用が可能
決済システムのみをご利用いただき、ソニーペイメントサービスは、事業者様とカード会社を結ぶ情報処理 センターという位置付けになります。

※加盟代行契約とのミックス利用が可能
追加でカード会社を増やしたい場合等、加盟代行契約と併せて契約することもできます。

決済代行サービスの契約形態についてのページです。EC事業者様のビジネス形態やニーズに合わせて、カード会社との契約・事務手続きなどすべて代行する「加盟代行契約」と決済システムのみをご利用いただく「情報処理契約」の2つの契約形態をご用意しておりますクレジットカード決済コンビニ決済Pay-easy(ペイジー)銀行振込などオンライン決済は安心・安全のソニーペイメントサービスにお任せください。