会社情報

トップからのメッセージ

 当社は決済代行事業を柱としてECの発展とともに歩んでまいりました。お客様の業種は、インターネットで物品を販売するEC事業だけでなく、ISP、音楽・映像のコンテンツプロバイダー、保険会社、新聞社、公共サービスなど多種多様な分野に拡がり、たいへん多くのお客様に支えられてまいりました。改めて感謝申し上げます。

  昨今クレジットカード情報漏えい及び不正利用による被害が社会問題化する中、昨年12月に割賦販売法が改正されました。この改正法が施行されれば、カード番号等を取り扱う販売事業者にはカード番号等の適切な管理を行う義務が発生します。具体的には、事業者自らPCI DSSの認証を受けるか、カード番号等を預けて非保持・非通過を実現するか、どちらかの方法を選択する必要があります。そのような中、重要なカード情報を当社がお預かりするサービスに関するお客様からのご相談が非常に増えております。また、カード情報の非通過を実現する“トークン決済”を提供していますので是非ご利用いただきたいと思います。重要な情報を取り扱う事業者として決済代行事業者の信用力・安全性が従来にも増して重要なファクターになってきたと実感しております。

 これまでと変わりなく当社の強みは、主要なクレジットカード会社とダイレクトに回線接続していることによって大量の取引をスピーディーに処理できることです。オーソリ処理を平均1秒以内で処理することができるため、エンドユーザーをお待たせすることがなく決済画面での離脱防止につながります。特に最近ではスマートフォンを使ったECが増え、決済スピードは売上高に直結するという認識が広まっております。

 もう一つの強みは、他社にはない“認証アシストサービス”によって、高いセキュリティの決済をお客様に提供できることです。これはカード会社に登録した本人属性を利用した本人確認手段であり、不正利用によるEC事業者の損害を軽減し、安心・安全な決済環境を整備するものです。

 また、グローバルなセキュリティ基準“PCI DSS”の最新バージョンであるVer.3.2に対応し、昨年11月 に認定セキュリティ評価機関より完全準拠の認証を受けました。このような基準にいち早く準拠することは、お客様の大切な情報を保護するうえで常に最重要課題と認識し適切な管理態勢を構築しております。

 今後とも全役職員が一丸となって、お客様に安心・安全・スピーディーな決済サービスを提供し、決済市場の健全な発展に貢献してまいります。

ソニーペイメントサービス株式会社
代表取締役社長 中村 英彦

写真:中村 英彦

代表取締役社長

中村 英彦
ソニーペイメントサービス